第16回乙女塾
- 2016/09/13(Tue) -
 んまぁ もう16回目?

 11時~  メンバーの受賞や初仕事や出版を祝って 乾杯&ランチ  

 13時~  「ゆず先生は忘れない」 サイン会    

 13時半~      合評会  参加6名 3作品 (長編1 短編2)


         今回 わたしは 作品提出なし
         やっぱり 原稿提出しないと 緊張感がトップギアに入らないかも?
          (「責め」だけじゃなく 「受け」もないと?)
         
 
                  

     
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
乙女塾 第15回
- 2016/07/13(Wed) -
7月12日 第15回 乙女塾 in姫路

 久しぶりの姫路駅前  新しい建物が増えてた 
 でも 撮るの忘れた
 その新しい店でのランチ 私には珍しく お肉たっぷり
 やっぱし 撮るの忘れた

 ちょっとゴージャス気分な じばさん ルームにて 
 参加者7名  6作品  合評会
 
 暖かくも厳しい そして 真剣な合評
 
 気のおけない おしゃべり や ぐち  はげまし
 
 それができる仲間のいることが 奇跡のようにも 必然(運命?)のようにも 思える今日この頃

 感謝
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
第14回乙女塾
- 2016/06/18(Sat) -
 6月17日 第14乙女塾
 午前 お茶会&ランチ で 創作トーク(準備運動)したのち 
     
 午後 青少年会館にてがっつり合評会
 
  参加 7名 
  提出作品 7作品 (中編3、絵本テキスト4)

  会えない間、それぞれに努力していて 
  それが作品にも 合評にも 反映されていて
  
  うぉーw(゚o゚)w  みんな レベルアップしてるー
 
  この作品も その作品も、入賞レベルやん~ 
 
  刺激になる~
  勉強になる~  

   

  


この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
故郷って ありがたい
- 2016/03/21(Mon) -
私の故郷、和歌山県田辺市での話。

~~~第一幕~~~

昨年秋に、田辺市文化賞を受賞された政井和子さんは、、図書館司書をされていました。
どのくらい昔かっていうと・・・私が小学生だった頃 
本好きだったし、近所だったし、和子先生指導の人形劇クラブ部員だったしで、
図書館ッ子でありました。

さて、その和子先生、このたびの文化賞受賞記念に、小学生に本を贈ろうと考え、
どんな本がよいだろうと図書館へ行かれ、
「あわい」に目をとめ 作者名に 驚いたそうな。
「かこちゃんの本?!」
(奥付けみて作者の年齢を計算してさらに驚いたそうだ。カワイイかこちゃんが、もう還暦!?)
                                              (↑まだだし。四捨五入せんとって)

そんな経緯で 「あわい」が 私の母校卒業生に 和子先生から 贈られることになりました。
ありがたいなぁ。
oKIMG0045.jpg
心をこめて サインしました。
日付は 卒業式の日付。

~~~第二幕~~~

和子先生も、母校の先生方も、 すぐに子供たちに本を手渡してくださったようです。
たぶん 子供たちが すぐに 「あわい」を 読めるように。
そして 先日  子供たちから お便り届きました。

サインのお礼と 感想と 励まし。
御礼を言わなくちゃいけないのは 私のほう。
読んでくれてありがとう。
感想と 励ましを ほんとにほんとに ありがとう。 

わたし がんばるね!
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
第13回乙女塾
- 2016/03/18(Fri) -
午前の部 神戸文学館にて 「おはなしの森」企画展 見学
                     ↑ 
        乙女より3名(ヒトヨンデ乙女三人娘)が出品参加

        文学館コーヒータイムしながら my作品講評をもらう        

午後の部 うおまんにて合評会
       出席者 4名 
       作品   長編2  短編1

       レベルアップめざして みっちり2時間 

              

       甘いものが欲しくなったのは、脳みそ使ったからだわー 

       
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
第12回 乙女塾
- 2016/02/25(Thu) -
参加者    5名
提出原稿   長編2作 幼年童話1作
場所 サイゼリア ハーバーランド店

 ランチ後合評会 
 ¥安いし 昼時過ぎれば席も空くし 長居できて ドリンクバーもある。
 けっこう穴場かも。

 みなさん 長い作品を読みこんで批評してくださってありがとうございました。
 言われてみれば なるほどーと思う。
 でも言われるまで気づかないのよねー。 不思議。
 
 

  
 
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
「トキワムシ」 ラジオドラマ版 !
- 2015/12/22(Tue) -
 今夜 FMうらやす「まりと友達のWAWAWA」で  拙作トキワムシを朗読していただきます。

 これが 

 めちゃくちゃ かっこいいねん

 朗読の声・ 音楽・ 効果音 で  鮮やかに力強く 立ち上がる物語世界
 登場人物たちの息遣い
 高まる緊張感 
 そして ラストシーン

 原作者のわたしが引き込まれて どきどき
 エンディングテーマが流れた時には  脳内に エンドクレジットが  
            ・
            ・
      〈監督・朗読 酒井麻吏〉
            
      〈音楽・朗読 朽木シト〉
            
        〈原作 染谷果子〉       
            ・
            ・
                              じ~ん         
    (↑脳内エンドクレジットより抜粋)


 放送は 今夜 20:00~20:30  FMうらやす 
 放送後は 番組サイトで 聴くことができます →  「まりと友達のWAWAWA」

 ぜひぜひ 聴いてみてくださいませ 
 ほんと 原作を越えて 凄いから

 前回12月8日放送分 「おじいちゃんとぼく」 「ガシャ・ポン」 も ↑ で 聴けるよ! 

 原作を読んでみたい方はこちら → 「おじいちゃんとぼく」 (当ブログ 別ページ)

                      → 「ガシャ・ポン」      (同上)   
 
  「トキワムシ」 は 偕成社出版の「タイムストーリー・5分間の物語」に収録されています。
 
5分間の物語 (タイムストーリー)

   本屋さんか 図書館で 探してみてね。

        

   麻吏さん   朽木さん   心より ありがとうございます。
  
   とびきりの プレゼント でした。

   あいむ はっぴー   


                        

 
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ