まりと友達のWAWAWA にて♪
- 2015/12/08(Tue) -
ラジオFMうらやす の 「まりと友達のWAWAWA」で 拙作を 朗読していただきました
今夜は  「おじいちゃんとぼく」    「ガシャ・ポン」   の2作品を。 

朗読は 女優であり声優でもある 酒井麻吏さん。 
音楽は 朽木シトさん。

サイトで 最新放送を 聴くことができます →  「まりと友達のWAWAWA」 (30分番組)

プロの声の表現力に驚いて下さい! 

そのプロに、 朗読に耐える作品だと認められたことが めっちゃ嬉しい
背中に手を添え支えてもらった気分。 これからもがんばれって。

次回(12月22日)には 「トキワムシ」を朗読してくださいます~ 
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
備忘メモ・ラストの飛翔
- 2015/06/23(Tue) -
茨木のり子著「詩のこころを読む」に、

「重装備でじりじり地を這い登山するのが散文なら、地を蹴り宙を飛行するのが詩」

 とあった。

濱口國雄の詩「便所掃除」のラスト4行を、 ものの見事な飛翔、離陸だと。

私は物語のラストを今まで 着地のイメージでとらえていた。
どう見事な着地を決めるか・・・。
むむむ だから まとめ的ラストになってしまうのかも。

ラストに離陸
飛翔のラスト
いいな!
物語がジワリと始まり 気づくと助走してて どんどんそのスピードが上がり 最後に思い切り蹴って 飛翔!  
こんどやってみよう。

(あ、佐々木ひとみ著「ぼくとあいつのラストラン」を思い出した、あの飛翔ラスト、好き~)

この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
井の中のカワズ 東京へゆく
- 2015/05/31(Sun) -
関東平野の夜明けは 早い。
150530_0456~01
150530_0456~02
5月30日 午前4時56分の空・・・中野サンプラザ17階より
自然光で目覚めたいと  少しカーテンを開けておいたら 予想よりはるかに早い目覚め。

せっかくだから 朝風呂&スタバモーニング 後
朝の明治神宮
150530_0819~01
150530_0827~01
明治神宮の森は 広く 深い ・・・
さまようこと一時間半
歩けども歩けども 菖蒲園にたどり着けず。 (方向音痴の本領発揮)

なれど今回 電車・地下鉄乗り換えだけは 奇跡的に?うまくこなし
びんこさんとの待ち合わせ場所に 時間前に 到着
150530_1021~010001
国立新美術館
150530_1348~010001
その後
乃木坂から東京駅 新幹線乗車 新神戸へ
帰って ひと心地ついてから 地震を知る。
心配して下さった方々 ありがとうございました。
関東のお友達  みんな大丈夫でありますように。
 
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
あくしゅ だめ? 
- 2015/05/16(Sat) -
好き と思った本が、 賞をとると うれしい♪

今年の 日本児童文学者協会賞  「あひるの手紙」 朽木祥 著

     同新人賞  「どろぼうのどろぼん」 斉藤 倫 著

じんわりきた あひるの手紙  

文章のリズムがとても心地よかった、どろぼん。 内容も おおおっ♪ と新鮮だった。 

・・・って!   
その贈呈式にお誘い受けてるんだった!(タイムストーリー入選のごほうび) 
朽木祥さんと 斎藤倫さんに お会いできるってこと!?
お話しできずとも、至近距離に立てるかも?!
うわっ どうしよっ
(握手してください~ とか 舞い上がりミーハーして ひんしゅくかう予感ひしひし・・・) 

行くっ 

と 決めたので きっと・・・たぶん  お目にかかれるであろう後藤みわこさんの名作再読。
 「ボーイズ・イン・ブラック」
BLと言われてる(?)けど、 それ以前に ストーリーの設定がすごいんだよなぁ。 
大筋の設定もキャラ設定も魅力的。 おおわざこわざが ぎっしり。 
大技(ストーリー全体にかかわるSF的設定 特に「なぜ地球にこれほど命があふれているか」の理由がツボ) 
小技(キャラを立たせる設定 しのぶの長ランへのこだわりとか、腐女シスターズとか) 
エンタメでありながら 家族や命にかかわるところに作者の哲学?愛?が感じられて
文学性も両立してると思うし。
あ、BL的にも もちろん 「つきゅん」。 

この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
乙女番外編
- 2015/02/16(Mon) -
 「タイムストーリー 5分間の物語」 お祝い会 IN 明石
 
  うふ  
 写真mini3_~1
  乙女のみなさま
 写真mini1_~1
  ありがとう

  これからも よろしくねーっ

    
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
あ、そうか
- 2014/10/24(Fri) -

 書けば いいんだ。

 レベルアップのヒントをもらって なにを 凹んでるんだ わたし。

 書きなおしてみよう。

 もとより 書くことは 大好き。
 地道な努力ってのも 得意分野。(ただし、書くことに関してのみ)  
 でもって ひそかにワンポイント負けず嫌い だったりする。
     (その事象に関してのみ負けん気メラメラ、その他はどーでもいいの)

 よし、復活。

この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
愚痴 発散
- 2014/10/22(Wed) -
 「レベルアップしたいが どうすればレベルアップできるか わからない~っ」
 と ぐずっているのが 子どもなら  練習しろー 勉強しろー  って 言うだろう。
 今まで 息子や娘に そう言ってきた。

 そう言って来た自分に 今 突っ込む。
 「だからー どんなふうに鍛錬すればいいのかがわかんないのっ」  
             
            

 わたしの脳みそで いまだ眠りこけている才能に 告ぐ 

      そろそろ目覚めないと 時間切れするぞー。



この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ