故郷って ありがたい
- 2016/03/21(Mon) -
私の故郷、和歌山県田辺市での話。

~~~第一幕~~~

昨年秋に、田辺市文化賞を受賞された政井和子さんは、、図書館司書をされていました。
どのくらい昔かっていうと・・・私が小学生だった頃 
本好きだったし、近所だったし、和子先生指導の人形劇クラブ部員だったしで、
図書館ッ子でありました。

さて、その和子先生、このたびの文化賞受賞記念に、小学生に本を贈ろうと考え、
どんな本がよいだろうと図書館へ行かれ、
「あわい」に目をとめ 作者名に 驚いたそうな。
「かこちゃんの本?!」
(奥付けみて作者の年齢を計算してさらに驚いたそうだ。カワイイかこちゃんが、もう還暦!?)
                                              (↑まだだし。四捨五入せんとって)

そんな経緯で 「あわい」が 私の母校卒業生に 和子先生から 贈られることになりました。
ありがたいなぁ。
oKIMG0045.jpg
心をこめて サインしました。
日付は 卒業式の日付。

~~~第二幕~~~

和子先生も、母校の先生方も、 すぐに子供たちに本を手渡してくださったようです。
たぶん 子供たちが すぐに 「あわい」を 読めるように。
そして 先日  子供たちから お便り届きました。

サインのお礼と 感想と 励まし。
御礼を言わなくちゃいけないのは 私のほう。
読んでくれてありがとう。
感想と 励ましを ほんとにほんとに ありがとう。 

わたし がんばるね!
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
| メイン |