高校生直木賞 ですって
- 2015/09/04(Fri) -
「宇喜多の捨て嫁」     木下 昌輝 著

    読み応えあり!  ああ満足。
    初めの一章読んで あれ?短編集?これで終わり?  と 勘違い。
    そのときは勘違いかと思ったが じつは 確信犯的しかけかも。
    次の章がつながっていると気づいてからの吸引力と言ったら読みふけって時間を忘れる。
    ただし 戦国時代ゆえ、ちょいと血なまぐさい。 苦手な人は要注意。
    「高校生直木賞」に選ばれた本ですって。
    そうかぁ~ 高校生これ選んだんだぁ~ うんうん 面白かったよね~ 
     ( ↑ 高校生と共感し合えたような うれしさ)
 

全体の構成が 面白さのひとつの鍵。
さらりと流した(けれど実は伏線だらけ)の一章を  その次の章から 多面的に 何層にも重なる層を 描いて見せる。
ラストまで読んだら また 一章を読み返したくなる。 
読んだし。

この記事のURL | 読書ノート | ▲ top
| メイン |