中2病的ひとりごと
- 2015/04/25(Sat) -

価値観をそろえる というのは 居心地が良い。

半面

時間の積み重ねとともに 閉そく感が 生まれる。

そう感じるのは

その価値観に染まりたくない私の一部分が 抵抗するから。

わたしの一部分、 だけれど 核に近い そしてとてもがんこな。

羅針盤の針がゆれる。

針は いったりきたり 定まらない。

出立の風は 吹いているのか。

 


 ・・・ まるで 中学生時代のような 文章だな。

 根底 あのころから成長してないのかも。

 「求めるのは 心の自由!」  って 永遠の 中2病かよ わたし。

 中学生のころは 「求めるのは自由!」 だったから 一言増えた分 オバサン化。   
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
| メイン |