知らんかったわー。 
- 2014/10/15(Wed) -
十五年ほどまえのこと
震災引越しの反動や 父の死やらで 無気力状態に陥った。
そのころ 書いた 「猫の夜」。
高いところや遠くを見る気力はない。
でも目の前のとっかかりのひとつだけなら 手をのばせるかも
それができたらまた次のひとつだけを見て。 
……自分を励ます物語だったんだなぁ。

で、今夜、心理学の 「作業興奮」という言葉を 初めて知った。
まず簡単な作業をすることで 脳は活性化されて 動き出す とか。
へー そういうことだったんだー 
もし この言葉を知っていたら それを一言つぶやくだけで 物語は 書かなかったかもしれない。
知らなくて よかった。 

書いて、受賞して、その後ながらく、わたしの背中を支えてくれた 「猫の夜」。


 子供向けのものを書くうえで
 大人の常識や知識が 邪魔になっているんじゃないか と思うことがある。
 パックづめされた感情 や  枠をはめられたものの見方
 そーゆーのから 自由になって 書きたい。

 ……って  はなから常識のない私が言うな?  (あ、知識もないです)  
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
| メイン |