第4回乙女塾
- 2014/09/18(Thu) -
 わ~ はや4回目だよ~ な 乙女塾。
午前 5名 情報交換会(お茶会とも言う) & 三恵さんサイン会
一名抜けて 一名加わって 
午後 5名 4作品合評会

作品もそれぞれ個性的だけど 講評もしかり。
そこが たまらなく 魅力。
自分でなんとなく感じていたこと 他人の言葉で指摘されて  はっきりつかめたり。
物語前半は 王道からはずれよう 既存を破ろう と言う方向に エネルギーを注ぐ わたし。
なのに、 後半は  ラストにたどりつこう物語をまとめよう という方向にいっちゃうんだよなー。
ラストはいかにも児童文学的なところへ。
書き終わってから自分でもそこが物足りない。
破調の、それでいて 後味の良い 小気味良いラストが理想。
(二宮由紀子さんのラスト いいよなー) 

理想を求めて 精進精進。
乙女のみなさま 今日はありがとう また よろしくね
       

140918_2115~010001
        ↑       
 わかる人だけにわかる 〈レアものサイン〉 なのよ。 うふ。

この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
| メイン |