路地
- 2013/12/16(Mon) -
路地で育った。
袋小路の一番奥に 我が家があった。
井戸、抜け道、道端の松葉ボタン、巳さまの社、それをを守るばあちゃん、おせっかいなおばちゃんたち、
チビ介やらガキ大将やら少女やらいっしょくたに遊んだ。
子供だけが入れる隙間は秘密基地だった。
数十年の間に 何もかも消えた。
行き止まりだった路地は開通した。 
その代わり人も家も少しづつ消え 空き地や駐車場に変わった。
「場」にも寿命のようなものがあるのだろうなぁ。

・・・って ここまで マエフリ。

現役路地に触れたくて 京都をほっつき歩いた。
検索して期待して行った有名?路地は 心に響かなかった。
やっぱ思い出、郷愁か~・・ と フク和ウチ にて お茶タイム(のれんに注目・片側短・おはいりやす~ってこと?)
131216_1546~01

あれやこれやと聞いたり話すうちに
常連客さんが ご自身居住の路地を勧めて下さり・・・これが

日々を慈しむ人たちが作る 場の「生気」
軒を連ね 声も手も届きあう「温もり」(おせっかいの煩わしさも混みで)
この路地、生きてる・・・じ~ん  
(写真は秘蔵 出しません)

こちらもその常連さんに教えていただいた場所 
131216_1547~01
京の守り神 鍾馗(しょうき)さんが並ぶ

こっちは偶然みつけた 祗園の佐川急便(暖簾に注目・やっぱり片側短)
131216_1418~01

軒下の防護柵 「犬矢来」 
131216_1431~02
フク和ウチに座るなり携帯写真を見せて「これなぁに~?何するもの~?」と聞いた。
小学生の見学旅行なみ。

京都は案外近い。だって疲れないもの。(ハーブティ効果?)




三宮から河原町まで阪急で600円。(片道) (神戸→大阪→京都なわけよ)

なのに 三宮から同じ神戸市内の我が家まで500円(片道) 市営、高くね?   
     (市営地下鉄+市バス)


 

それはさておき

じっくり 練り直そう
この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
| メイン |