わたしへ……足りないなら補充しろ  
- 2013/12/15(Sun) -
創作は スキル+α  
スキルアップだけに気を取られちゃいけない とは思うが
今年は力不足痛感で どうすれば次のステージに進めるのだろうかと もんもん。
 『サンタさん、私に物語力を下さい。 宮部みゆきさんや有川浩さんみたいな』
本音は 上記↑だけれど
大人がサンタをわずらわせちゃいけない。(サンタは子供に全力投球してください) 
神仏へのお願いは、母の健康・家族の安全・地震やめて津波こないで…とすでにてんこ盛り。

てか 自力で乗り越えなきゃ自分の力になんないだろ  

で 原点にもどる。
ファンタジーが 書きたい。
ファンタジーに必要なものは? リアリティ と 想像力。
わたしに足りないものは? その両方・・・(;;)
足りないなら補充しろ
「答え」 は シンプルなんだよな 気づきさえすれば。
いま 書いている物語に足りないもの=物語を支えるリアリティ=生々しさ
パソコンに向かう前に 取材・体験しよう  

(あ、決して、年末大掃除諸々がいやで逃げ出すわけでは・・・)


あの方でさえ、バルサを描くために、殴られた痛みを書くために、格闘技を学びに通ったそうな。
   ↓
物語ること、生きること物語ること、生きること
(2013/10/16)
上橋 菜穂子、瀧 晴巳 他







「答え」って 自分の内側で育ち 自分で収穫したものでないと 実感がないんだよね。

 散々言われたり読んだり 外側から与えられていることなのに

 自分の内側で実んなきゃ 効き目がないというか。

 外から与えられた種が 内側で育つのに 時間がかかる   ってことかな。

 私の場合は。(わたしだけだったりして。ヒネテルからさ)    
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
| メイン |