枕草子=皇室ブログ?
- 2013/12/07(Sat) -
 テレビが壊れて久しい。 (買い替えたい派1名 テレビいらない派3名)

 夕食後のひとときはラジオ。 高校生ラジオ講座の現代国語や古典の朗読・解説が けっこうおもしろい。

 で いま 古典は源氏物語。

 娘に 源氏物語と枕草子の違いやら、作者のことを尋ねられる。

 私 「源氏物語は創作、小説。 枕草子は随想、エッセイ。 
    作者は どちらも天皇の奥様の教育係・・・それぞれ皇室文学サロン的な?云々」
    (ざっくり いいかげんな説明です)

 娘 「エッセイって?」

 私 「日々の出来事や思うことを…云々」

 娘 「あ~ブログみたいなものね」
    
   む まぁ 感覚的にはうなずける。 
   もちろん すべてのブログ=エッセイ では ないけれど。

   娘の中では 枕草子=皇室ブログ で落ち着いたらしい。    
 
 娘 「愛子さまがブログしてくれたら 毎日読むのに~♪」
   
    あ、それは、わたしもぜひ読みたい。
   


  

 


 ヒミツホゴ指定されて 読めないだろうけどさ!



・・・・んで ラジオ高校講座・現代国語は「山月記」
李朝の心境が身につまされる
書きたい。書いたなら認められたいと思う。でも認められない。でも書かずにいられない。
書くことは諦められない。けれど書いたものを認められないことは辛い。いっそ虎に・・・


虎って美しいし猫科だし いいじゃん
             
                               
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
| メイン |