しるす
- 2013/11/13(Wed) -
 怒りも 凹みも 浮き世の味わい

 ならば

 貪欲に 味わってやろうじゃないの


 わたしの内側を  わたしをとりまく世界を

 感じ尽くしてやる

 すべての感覚を触手にして


 そして しるす わたしの言葉で

 たぶん それが わたしの 生の証 

・・・もとい 生きるための吐き出し 

   






・・・書かなきゃ 窒息する


 
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
| メイン |