The Lady and the Unicorn
- 2013/09/03(Tue) -
 
一角獣

圧倒的な存在感と吸引力 を持つ 6枚のタピスリー  

織るにかけられた人数と時間
織られてからの歴史
込められた暗喩と 祈りと 物語

なんとも その場から 立ち去り難かった

詳しくは 「貴婦人と一角獣」みどころ 

        

暗喩が 時代が違うだけにツッコミどころもあっておもしろい。
たとえば
     背景に何匹も織りこめられるウサギ = 多産 = 肉体的な愛
     一枚目のタピスリーにある動物の首輪 = 結婚による夫の保護


  妄想コーナー 

 ユニコーンを従えるなら 貴婦人というより 処女(おとめ)と呼ぶ方がぴったるくる。
 では 6枚すべてで 処女の両脇に 控える 獅子(シシ・むかって左)と ユニコーン(同右)の 扱いの差は?
 
 処女の心は常にユニコーンの方をむき、官能的なムードも漂う。
 一方 獅子に対しては 存在は知っているものの ほぼ無視・・・
 獅子=過去の保護者=父親  ユニコ-ン=未来の保護者=夫になる男 

 さて 謎の一枚 「我が唯一の望み」
 大切なものを宝箱にしまおうとしているのか それとも取り出そうとしているのか  
 130904_0018~01

 結婚するために 楽しい娘時代をしまい  新たな使命と試練を首にかけようとしている?
  
 処女の結婚祝いに 織られた タピスリー
 背景を埋め尽くす 写実的で現存する草花は 結婚生活に必要な草花図鑑だったりして。
 媚薬とか 精力剤とか 毒薬とか  きゃっきゃ 
        

余談
音声ガイドの 池田秀一さんの朗読に うっとり とろけた

 



                    
 
この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
| メイン |