軒下 乗っ取られちう
- 2012/09/03(Mon) -
 我が家の裏には 猫道がある。
 その歴史は 私たちがここに引越してきた16年前より古く どうも猫に先住権があるらしい。
                                 (少なくとも 猫たちは そう主張している)

 その猫道に 昨日 突如として あらわれた一群。(網戸ごし、携帯の望遠)

 120903_0748~010001

これ以上 近づくと 母猫が怒る。  
 120903_0912~010001

 そっと ベランダから のぞく。

 120903_1053~020001

 
 子守役の ねえちゃんもいる。  

120903_0753~010001

”母ちゃんと姉ちゃんは食事してくるからここにいなさい” と 言われたらしい。
  おとなしく待ってる おりこうさんたち。(ベランダから盗撮)
 
120903_1435~010001



食後帰宅した母と姉は 満足げに顔を洗ってた・・・お宅、どこ?  

 


 只今 我が家は  裏庭出入り禁止。 窓を開けるにも カーテンを開けるにも そーっと。

 母猫の怒りも怖いが それ以上に 子猫がパニックくって逃げまどうのが怖い。 隣はそこそこ大きい駐車場。
                       
 坂道住宅街なので隣と段差があり、駐車場へ落ちたら子猫の脚力ではもどれない。 車の出入りも多い。

 邪魔はしないが 食糧もあげない。 我が家なりに 生き物を飼えない事情があるから。 


 この母猫 多分 同じ町内の外猫。 もしくは えさやりさんのいる猫。

 以前にもご近所で出産。 子猫が移動できるようになったら ホームグランドへもどって行ったらしい。

 今回も 一族大移動の途中?  無事にもどれますように。

 
 悩ましいのは 避妊の問題。 

 飼い主 もしくは えさやりさんを探し出して 相談すべきか・・・・

 でも 一族を率いる母猫の姿は 尊厳に満ちていて・・・・

 避妊が必要な理由は頭ではわかっているつもりだし 反論するつもりもないのだけど

 こういう姿をみせられちゃうと感情のほうが……このまま親子ともに暮らせれば……とかって。

 ・・・悩ましい。

 
 
 ゴミ箱が使えないとか  庭が猫のトイレになって多少匂う なんてのは 全然平気なんだけど。

 

 
     

 

  
 
 

  
 
 
 
   
 飼い主特定の時点で とん挫しそー

      
追記
4日現在  まだ のっとられちう・・・・
この記事のURL | | ▲ top
| メイン |