児童文学乙女部
- 2012/06/26(Tue) -
 いつとはなく 自然発生的に集まった 童話・児童文学の創作仲間   

  (神戸新聞文芸の縁・・・かな?)

 ふだんは ひとり ひとり それぞれのやりかたで それぞれの物語をつむぐ
 
 作風も  得意とする年齢層も  指導を受ける師も  異なるから

 会えば いつもと違う風が 吹く

 違うけど わかる

 書きたくて たまらなくなる

 書くことが楽しいと 初心にもどる

 貴重な 乙女の時間  


 ありがと

 またね



    

 写真が 一枚もない!

 ランチも ソフトクリームも 美味しかったのに

 食いけに走ったのではなく おしゃべりに夢中で・・・(たぶん)

 おみやげも 写真撮る前に 半分以上 息子の腹の中だよ・・・

 日時や場所設定をして下さった 春ちゃ さゆちゃ ありがとー。

  (次回は手伝うからこき使って)

 まいきょん 次は 会えるといいなぁ。
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
| メイン |