カオス
- 2012/02/15(Wed) -
 幼子のように ひ弱な心では  生きてゆけないから
 
 殻を 頑丈に 幾重にも 

 貝のように しっかりと 

 それが 大人の強さ ってもんでしょ

 そうやって オバチャン になったことを ひそかに誇りに思う  (生き延びたってことだもの)



 ただ……

 もしも……

 

 その殻を脱ぎ捨てれば  やわらかな感性を取り戻せる

 のだとしたら。

 もういちど 生まれたての感性で この世界に触れることが できるのなら。


 むき出しの心が  再び ささいなことにも傷つくとしても……。


  
    



 先日 神戸芸術工科大学の 卒展へ。

 まさしく 〈カオス〉 

 さまざまな感性が それぞれに存在を主張して

 人工的だと思っていたものも その中に生命をふきこまれ。

 混沌のパワーにぞくぞく  心乱されたことが 快感。     

 
   

 
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
| メイン |