猿も木から落ちる ってか 落ちた
- 2012/01/21(Sat) -
  父   「はぁ?!」

  母   「ありえん・・」

  姉   「ダサすぎて 逆に 笑える」
 
  祖母  (電話口で)「笑っちゃ気の毒・・・だ・・けど・・・」

  本人   「マジ?!」


以上 駅の階段を降りる際なぜか爪先立ちで着地・倒れ・足首剥離骨折した陸上部男子二十歳 へのコメント。

本人も 転んだ瞬間「マジ?!」と 自分を疑ったそうな。(普段は 階段は一段とばし 軽快に登り降り)

で 激痛に異常を確信しながらも プライドゆえか 帰巣本能に従ったのか

自力で 最寄駅まで帰還 (電車乗り継ぎ約一時間)


現在 松葉杖&お抱え運転手つきの生活 

学校休んだら? という 運転手の提案は却下されました。 落ちた翌日もちゃんと登校。 
 
元気でありんす。



  
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
| メイン |