Kさんとの会話から
- 2011/12/30(Fri) -
 
 

  大切なのは 「骨」。

  物語に 骨がとおっているか。

   

          

  児童文学って・・・・?   


  付箋の姿をしているこれ↓ その本質は「愛」     Kさんの 児童文学への愛
     
111230_2256~01
  紙に印字されているものは わたしの 物語への愛


  大人たちが こどもたちに届けたいと愛を注ぎ込んで作り上げるものが 児童文学

  (わたしなりに到達した答え。 会話から24時間以上たって。 いつもこんな)
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
| メイン |