読書ノート「妻の超然」
- 2011/02/18(Fri) -
妻の超然妻の超然
(2010/09)
絲山 秋子

商品詳細を見る


       一章 「妻の超然」・・ ひたすら妻の内部からみる世界 
                 時間の流れ(日の区切り)をあらわすものとしての瞑想


         三章「作家の超然」・・二人称で書かれる私小説?
                 「おまえは…」「おまえは…」
                  分離した自分自身に向かう鋭い切っ先 乾いた痛み 覚悟 

              (これは作り事でない、本物の痛み・・・・と感応してしまうような)  
 
この記事のURL | 読書ノート | ▲ top
| メイン |