梅酒と からたち酒と 時間
- 2010/06/22(Tue) -
猫の額ほどの庭・・というか猫の通り道&厠にされている小さな庭に 

小さな庭にも関わらず 梅の木一本。

思い切り 隣家の駐車場に 枝を伸ばし そろそろ 切らねば。

ここ数日イラガ が 卵を産みつけてるし(この毛虫は青緑で美しい。でも刺されるとめっちゃ痛い)。

重い腰をあげて作業し始めたら 青梅が実ってることに気付いた!(^^)!。(これが数年にいちど) 

と―ぜん 作業は 枝切りから収穫へと変更。(枝切りはエー加減にぱぱっとな)

もちろん梅酒!  果実酒用の広口瓶があったはず。

と ここで 昨年 カラタチ酒をつけたことを 思い出した。

一度 味見て まずかったから 忘れてた。 

あれは失敗 捨てちゃおう と ビンを取り出したら あややや なんか とろーりこはく色に。

とりあえず 味見。 

    karatachishu2.jpg


いけるし! かんきつ独特の苦みが出てて わたし好みやん! 

わーいっ もうひとくち味見!

・・・って ホワイトリカー35度で作ってます。 うっかり運転不可に。

梅酒用のビンとか氷砂糖とかホワイトリカーとか 徒歩圏内の店にあってよかった^^;

荷物多くて 何度か往復しましたが。

カラタチ酒も 梅酒も 秘訣は「時間」だね?。 

待つべし 待つべし。 がんばって 一年は待とう。


市販の果実酒?  わたしには甘すぎて。  それに いちばんのお楽しみは「梅酒づけの梅の実」♪。

あ 半分は ブランデーで すればよかった。 

ブランデー漬けの梅の実。 ええ 香りやろなぁ 想像だけでとろけるわたし。

次はブランデーで。  かりん酒もええなぁ。  果実酒 はまりそう・・・

・・・出来上がったころ 間違いなく キッチンドリンカ― 。



枝切り作業の おもわぬ副産物♪ でした。 
         
   
     
  
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
| メイン |