田舎
- 2010/05/08(Sat) -
  ひなびた ふるさとの海が 海浜公園と姿を変え

  tanebe1.jpg

  波音 が 少し遠くなりました。

  tanebe4.jpg


  一部 埋め立てられ 駐車場   あら こいのぼり

  tanabe2.jpg


  クレーン車?!  登りたいっ!   

  tanabe3.jpg


  

  
                    

  先日 児童文学仲間のSさんから聞いておどろいたこと。

  「田舎」という言葉は 差別用語だから使えない・・・ 

  検索したら こんなふうな↓    

  『東京との対比としては使わない。
      「町の子供。田舎の子供」や、生まれた土地の意味として使う場合は、
                              悪印象を与えないよう配慮し使用する』


 わたしは 自他共に認める 田舎者。

 故郷に対して 「これだから田舎は」 と 舌うち することもあります。

 父は孫を迎えるたび 「田舎があるというのは いいことだ」と 海へ山へ連れて行ってくれました。

「田舎へ帰る」 挫折を込めて口にしたことも 安らぎに支えられたこともあります。

「なんにもない田舎で」と言いながら だから豊かなんだよ と 実は誇りに思ってたり。

 自虐、劣等感、切なさ、望郷、安らぎ、自負、誇り、憧憬、なつかしさ、包容力、愛、嫌悪、後ろめたさ・・・
   
 幾多の深い想い と はるかな空と海を含む 「いなか」「田舎」 ひらがな三文字 漢字で二文字 

 なんて豊かな言葉だろう

        

    ったく こんな豊かな言葉を 使用禁止にして どうするよ   

    ま 要は 使い方。  使う人の心の問題なんだけど。  どんな言葉でも。

   
    
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
| メイン |