欠落を埋めるために
- 2010/03/13(Sat) -
 必要だから  求めていたんだ  

 ああ そうだったのか 

 隠れるために 忘れるために 泣くために やすむために 背中を押してもらうために

 生きるために 

   

 誰かの書いたものがたり  自分の内で生まれ消えるものがたり  

 言葉以前 風がささやくものがたり 


 わたしは 大人になったいまも

 欠落を埋めるために ものがたりを 求めている

  
          


 「生きにくいこどもたち?カウンセリング日記から?」という本のなかで

 物語を作ることで自己修復してゆくカウンセリングを知った。

 え? これってわたしがずっと自分自身にやってきたことじゃん。

 そーだったのか わたしは 物語で 自己修復してたんだー 

 目からうろこ いやー いろいろ腑に落ちた。

 たまにバランスを崩しそうになるとしても 崩壊するほどじゃない。

 折り合いはつけられるつもりだし 繊細にはほど遠い。
 
 ただ 自分に欠落があることに 気づいていた。



 そっか そうだったのか。    

 
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
| メイン |