- 2009/11/02(Mon) -
            ニワトリに会った  オニの森の入り口で
            空を仰ぎ 懸命に羽ばたいていた  

            何をしているのかと 問うた

            「飛び立つ訓練だ」  彼は答えた

            ニワトリは飛べないよ そう 言ったなら

            「知らないのか 
            海で生まれたバクテリアが 陸を走り 空を飛ぶ 命のことわりを」

            あれは進化よ

            「そうだ 進化だ 命の意志だ
            だから我は 羽ばたき 空を仰ぎ
            我が身のすみずみ 細胞のひとつひとつに 飛べ と意志を送っているのだ」
          
            ニワトリが羽ばたいても空は飛べない

            「飛ぶ 
            飛ぶために生きるのだ 生きるために飛ぶのだ
            その意志が 我が身に満ちた時…」

 
            胸を張り 翼広げ 空をみつめる姿が  切なくて  
            目をそらしうつむいた その時
            一陣の風 ひときわ大きな羽音 のどをふりしぼる彼の声
        
            顔を上げた時には ニワトリは消えていた 

            青い空へ 溶けたのか
            それとも オニの森に 吸い込まれたか

            大切なことを 聞き逃した
            ニワトリと生まれて なぜ 空をめざすのか
            ニワトリとして 地上で生きていけるものを           



この記事のURL | 物語詩 | ▲ top
| メイン |