あのころ
- 2009/10/14(Wed) -
                  のぼり坂  砂利道  迷い道

                  自分の足で 確かめたかった

                  けもの道イバラと さとされても

                  その痛みを 自分の肌と心で 感じたかった

                  涙も 後悔も 受け止める覚悟で


                  恐れを知らなかったわけではなく

                  しなやかな回復力を 信じていた

                  泣き明かせば 立ち上がれた あのころ

 
                            


                       そんでも

                       娘や

                       母の真似はすな


                          (-"-)



                               
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
| メイン |