natural
- 2009/10/12(Mon) -
            一時間かけて磨くあなたの爪に 賞賛を惜しまない

            だから 

            どうぞ わたしには おかまいなく

            不格好な自分の爪の このままが気に入っているので



            あなたが髪の手入れにかける一時間

            わたしは庭先のクモの巣にみとれていた

            だからといって 

            あなたは なんら 損なわれない



            あなたが  価値あると思うもの

            わたしが  心地よいと感じるもの

            せっかくですから

            違いを楽しむと いたしましょう





            
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
| メイン |