「鬼羅の歌」
- 2008/03/25(Tue) -
    歌声。  歌が聞こえる。  この街にふく風が 歌っている。

    ここは 山をけずって できた街。 

    百年前は山だった。 五百年前は深い山 千年前は 深い深い山だった。

    ここが 深い深い山だった頃の話。

    鬼神が 山の精気を吸うためにやってきて 樹々の間を 駆け抜けた。

    鬼神が通り過ぎた後に 小さな竜巻が 起こった。 落ち葉や木の実を 巻き上げて クルクルおどる。

    竜巻がおさまった時 そこに 鬼の子がいた。
  
    鬼羅は こうして 生まれた。

    
                                      …続きを読む(旧ブログへ)

この記事のURL | 児童文学(作品) | ▲ top
| メイン |