とあるうみべのものがたり
- 2009/03/08(Sun) -
                             
                              こどもたちは  海に 育てられた


                              その砂浜で  友情を育み 恋をして 失恋もした

                              その波に 悔しさを吐き出し 迷いをうちあけ 涙を預けた

                              海は 受け止め 傷を癒し

                                  悲しみを 生きる勇気にかえてくれた



                             こどもたちは 大人になって 海に贈り物をしようと考えた

                             駐車場があれば 便利

                             遊歩道も 似合う

                             裸足でも歩ける 柔らかな砂を買おう

                             更衣室やシャワーのある 立派な海水浴場に 


                             波打ち際を  埋め立てて 望みを かなえた




                             新しい浜辺に立って 大人たちは おののいた

                             母なる海は どこへ 消えた?

                             目の前には いのちなき カイスイヨクジョウ


                                (  トリカエシノ ツカヌコトヲ シタノカモ )

                             
                             こころ 寒々と 穴 開けども

                                   埋めてくれる 波音もなく…
                             
                                                                        
                   

                       
この記事のURL | 詩 (風 雲 空 雨 海) | ▲ top
| メイン |