性悪説じゃん
- 2016/03/25(Fri) -
2016.03.25 神戸新聞NEXTより抜粋
 
 【ニューヨーク共同】米IT大手マイクロソフトは24日、インターネット上で一般人らと会話をしながら発達する人工知能(AI)の実験を中止したと明らかにした。不適切な受け答えを教え込まれたため「ヒトラーは間違っていない」といった発言をするようになったという。
 同社が開発したAIは「Tay(テイ)」と名付けられ、短文投稿サイトのツイッターに23日に登場した。ツイッターで会話を重ねるうちに差別的な発言を繰り返すようになり、24日に中止された。
 マイクロソフトの広報担当者はAIを修正すると説明した。修正を終え次第、実験を再開するとみられる。

                                  
  それって、
  「無垢な魂を ツイッターに放り込んだら こうなりました」 ってことかしら?

  修正すべきは AIなの?

 修正せずに繰り返し 実験し 統計をとってみたら?
 
 「無垢な魂を ツイッターに放り込んだら どうなるか」 って実験。

 恐いけど。

 
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
故郷って ありがたい
- 2016/03/21(Mon) -
私の故郷、和歌山県田辺市での話。

~~~第一幕~~~

昨年秋に、田辺市文化賞を受賞された政井和子さんは、、図書館司書をされていました。
どのくらい昔かっていうと・・・私が小学生だった頃 
本好きだったし、近所だったし、和子先生指導の人形劇クラブ部員だったしで、
図書館ッ子でありました。

さて、その和子先生、このたびの文化賞受賞記念に、小学生に本を贈ろうと考え、
どんな本がよいだろうと図書館へ行かれ、
「あわい」に目をとめ 作者名に 驚いたそうな。
「かこちゃんの本?!」
(奥付けみて作者の年齢を計算してさらに驚いたそうだ。カワイイかこちゃんが、もう還暦!?)
                                              (↑まだだし。四捨五入せんとって)

そんな経緯で 「あわい」が 私の母校卒業生に 和子先生から 贈られることになりました。
ありがたいなぁ。
oKIMG0045.jpg
心をこめて サインしました。
日付は 卒業式の日付。

~~~第二幕~~~

和子先生も、母校の先生方も、 すぐに子供たちに本を手渡してくださったようです。
たぶん 子供たちが すぐに 「あわい」を 読めるように。
そして 先日  子供たちから お便り届きました。

サインのお礼と 感想と 励まし。
御礼を言わなくちゃいけないのは 私のほう。
読んでくれてありがとう。
感想と 励ましを ほんとにほんとに ありがとう。 

わたし がんばるね!
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
第13回乙女塾
- 2016/03/18(Fri) -
午前の部 神戸文学館にて 「おはなしの森」企画展 見学
                     ↑ 
        乙女より3名(ヒトヨンデ乙女三人娘)が出品参加

        文学館コーヒータイムしながら my作品講評をもらう        

午後の部 うおまんにて合評会
       出席者 4名 
       作品   長編2  短編1

       レベルアップめざして みっちり2時間 

              

       甘いものが欲しくなったのは、脳みそ使ったからだわー 

       
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
じんかんばんじさいおうがうま
- 2016/03/16(Wed) -
 嬉しいこと と 心配事
 交互にやってきて
 わくわく ハラハラ しくしく イライラ 
 なかなかに スリリングな 今年の始まり 1月2月3月  
 
 どんと受け止めるほどの 度量もなく
 そのたびに うろたえ
 うろたえても なんの役にも立たないどころか
 かえってよろしくない方向にすすむぞと 悟り
  
 いつものごとく 開き直る  しかない

 わたしは わたしにできることを するしかない
 あとは 神さま仏さまご先祖さま、亡父に祈る。
  
 人間万事塞翁が馬
 
       

 ご心配なく~   
 客観的には どうということないんで。
 この時期 花粉症ダークなもんで
 心配性負のスパイラル みたいなところに 堕ち込んだだけ。 
 実際には 平常よりほんの少しやるべきことが増えただけ。
 
 
    
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
| メイン |