乙女の絵本原画観賞会 in 明石 
- 2015/08/27(Thu) -
  明石市立文化博物館2階展望台から 眺望 
 150827_1358~01
  天文台  明石海峡大橋  空  海  町並み 
 
 おめあては
  「ちひろ美術館コレクション ちひろと世界の絵本画家たち」
  
   思いがけず 谷内こうたさんの原画に出会って きゅん。
   期待したショーン・タン氏の原画はなかったけれど。、  

  本日は 本物?の乙女(姫ちゃん)も参加
  姫ちゃんの後を追って マンモスの骨に遭遇! (←常設展ルーム)
  縄文土器も鑑賞  1万年以上前にもちゃんとした生活用品があったんだなぁ、
  そんな昔の土器が残っているって凄い。
  レプリカ? 本物?
  土器、磁器、陶器、 ** (←あと一つ思い出せないの!)の違いなんぞも勉強(したのにもう忘れてる;;)  
   
  そんなこんなのあとは お茶会 乙女のおしゃべり。

  本格エスプレッソ(小さいカップで飲む濃いやつ)を 初めて飲んだ。
  夕方に カフェイン摂取して 今夜眠れるだろうか・・・眠らず傑作をものす? 
  調べてみたら エスプレッソはカフェイン少ないらしい。
  それを知ったとたん 眠気が・・・ああ、今夜書けるはずの傑作が・・・
この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
穂村さんの本読んで 57577  
- 2015/08/23(Sun) -

 季節終え 天高くとびら開け放つ  風吹きぬけろ ときめきのせて                                                                  
                                              by かたばみ
                  
          150823_1709~01

この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
「ハブられたイケてるやつが……」byうえたに (引用)
- 2015/08/23(Sun) -
 「ぼくの短歌ノート」  穂村弘著
   
   現代短歌って こんなに 心地よかったんだ!
   新鮮! 面白い! わくわく! ひゃー! ズキン!
   57577 選び抜かれた言葉が  心身に吹き抜ける~ 気持ちいい~

 ブログ記事タイトルは いちばんウケた歌

 「ハブられたイケてるやつがワンランク下の僕らと弁当食べる」   うえたに

   青春の一ページ それも何げない日常風景が リアルに浮かんで
    (私の中学生のころもこんなんだったわー、 息子のころもこんなんだったろーなー)
  なんだろ なんともいえない おかしみと  妙な達観があって 
  作者名が名字だけなのも いいなー

  で この歌が 〈身も蓋もない歌〉に分類されていることが またおかしくて。

  〈するときは球体関節〉の章に おさめられた歌も 凄い。 女視線の……。
  

  ああ 面白かった!     
       
  
 
 
この記事のURL | 読書ノート | ▲ top
2015 夏恒例 網戸の外の猫
- 2015/08/20(Thu) -
今年も 網戸の外に 三毛姉妹

150819_2155~02

むかって右が 姉 
左 半年か一年 年下の 妹

この2匹 おもしろいぐらいに 姉は姉キャラ 妹は妹キャラ
キャラの勉強になる(笑)
この記事のURL | | ▲ top
備忘メモ
- 2015/08/18(Tue) -
ここんところ 翻訳ものに よき出会いあり

「夏への扉」 新訳版 ロバート・A・ハイライン  小尾芙佐訳

 タイトルにもなっている 「夏への扉」 と 雄猫ピートが素晴らしい 
 猫語訳も よいわぁ~
 「ナーオウ!」 (いーまぁ)
 「モーアー!」 (もっと)

「もっと なにか ある」 パトリック・ネス (「怪物はささやく」 の 著者)

  文章の 緊張感 迫力 そして濃密
  心理描写がくどいわけでもないのに
  ものすごく 濃密に 主人公の心理を味わう
  なぜだ~ 
  行動の描写やセリフが緻密なのかなぁ 
  構成のうまさ? 
  日本訳もいいんだろうな。
  ただ
  登場人物たちがずっと心身ともに 痛めつけられるので
  筆力があるぶん  キツイ・・・。
  読んじゃうけど。 読まされちゃうけど。
  読み応えあり。
 
  物語設定は 大ヒットした某映画ふたつを 思い出させる。 わざとかな?   



Marcelo in the Real.World マルセロ・イン・ザ・リアルワールド
                             フランシスコ・X.ストーク著、 千葉 茂樹訳

 マルセロの心的世界が好き 豊かで静か
 「IM(インナーミュージック)」  と 「人と交わって生きること」 が両立しないことが 寂しいけれど
 でも 人は 人。 人に混じって生きるのが幸 だとも思う。
 読書中の充足感・読後の幸福感。
 心理描写が濃い。 小説だからこそ描ける心理描写。
   

 翻訳ものの ヤングアダルトは  よいなぁ  
 甘いところに流れず
 ピュアな痛みが たしかに存在する 
この記事のURL | 読書ノート | ▲ top
2015 夏
- 2015/08/07(Fri) -
みなさま お元気でしょうか~

どうぞ この灼熱の季節を乗り切って くださいませ~

酷暑 灼熱 暴力的なまでの暑さ この暑さは理不尽だ!

と 夏を呪いつつも  真っ白な入道雲を見ると わくわくしてしまう わたしです。

子ども時代の すりこみ?

150806_1627~01

日焼け止めぬっても 日傘さしても 日に焼ける
あいかわらず 真黒
ふるさとの友が笑う  色黒なところが子供のころのままだと。

エアコンの冷風に 関節が痛むようになったのは 40才越えてから。  
いっそ汗をかいたほうが あとが清々しい。 節電にもなるわ! (←やけくそ気味)
 
例年 夏のエネルギー源だった アイスクリーム
今年は コレステロールが気になって 美味しくない。
かわりに 冷やし甘酒に はまる     
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
| メイン |