井の中のカワズ 東京へゆく
- 2015/05/31(Sun) -
関東平野の夜明けは 早い。
150530_0456~01
150530_0456~02
5月30日 午前4時56分の空・・・中野サンプラザ17階より
自然光で目覚めたいと  少しカーテンを開けておいたら 予想よりはるかに早い目覚め。

せっかくだから 朝風呂&スタバモーニング 後
朝の明治神宮
150530_0819~01
150530_0827~01
明治神宮の森は 広く 深い ・・・
さまようこと一時間半
歩けども歩けども 菖蒲園にたどり着けず。 (方向音痴の本領発揮)

なれど今回 電車・地下鉄乗り換えだけは 奇跡的に?うまくこなし
びんこさんとの待ち合わせ場所に 時間前に 到着
150530_1021~010001
国立新美術館
150530_1348~010001
その後
乃木坂から東京駅 新幹線乗車 新神戸へ
帰って ひと心地ついてから 地震を知る。
心配して下さった方々 ありがとうございました。
関東のお友達  みんな大丈夫でありますように。
 
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
乙女塾 第8回
- 2015/05/28(Thu) -
・・・上京でバタバタしたんで 事後記録・・・

5月28日(木) 
午前
 スタバお茶会 
 ミント お豆腐の店にて ヘルシーランチ   (ありがと!)

午後 
 青少年会館サークル4 にて 合評会
 参加 5名
 絵本テキスト 3編
 幼年 2編

わたしの絵本テキストは 幼児を楽しませるためというより 自分の書きたいもの 
いやまぁ常に 自分の書きたいものを書きたいように なんですが・・・
それが相手にもうまく伝わるといいな という ムシのよいことを考える わたし。
(楽しまそうというサービス精神は・・・ないっぽい)
この記事のURL | 乙女 | ▲ top
美保基地にて航空祭
- 2015/05/26(Tue) -
5月24日 日曜日

150524_1336~010001
「みなさまの幸せを祈って・・・」のアナウンスとともに、空にハート

150524_1249~010001
   輸送機・部分拡大↓
mihokichi.jpg
    いなばの白ウサギ
  
      

鳥取県・美保基地航空祭 日帰りバスツァー 娘といっしょに。  
行き・5時間(渋滞あり)  基地滞在・3時間弱    帰り・7時間半(大渋滞)
天候が整わなければ 飛行展示中止のリスクもあり。
それでも すごい人出だった~ 
わたしも娘も 身長150センチ 人ごみに埋もれて空を見上げた 正味40分。
興奮、感嘆、ときめき~ 
(翌日へろへろ~ 首も背中も痛いわ~) 

      

思うことは いろいろあったけれど まとまらない。
いつか 物語にして 書くかしら 書けるかしら。
     
「世界の平和を祈って・・・」 そんな言葉とともに 空にハートを描けたらいいのに な。

車窓  大山
150524_1002~01


この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
あくしゅ だめ? 
- 2015/05/16(Sat) -
好き と思った本が、 賞をとると うれしい♪

今年の 日本児童文学者協会賞  「あひるの手紙」 朽木祥 著

     同新人賞  「どろぼうのどろぼん」 斉藤 倫 著

じんわりきた あひるの手紙  

文章のリズムがとても心地よかった、どろぼん。 内容も おおおっ♪ と新鮮だった。 

・・・って!   
その贈呈式にお誘い受けてるんだった!(タイムストーリー入選のごほうび) 
朽木祥さんと 斎藤倫さんに お会いできるってこと!?
お話しできずとも、至近距離に立てるかも?!
うわっ どうしよっ
(握手してください~ とか 舞い上がりミーハーして ひんしゅくかう予感ひしひし・・・) 

行くっ 

と 決めたので きっと・・・たぶん  お目にかかれるであろう後藤みわこさんの名作再読。
 「ボーイズ・イン・ブラック」
BLと言われてる(?)けど、 それ以前に ストーリーの設定がすごいんだよなぁ。 
大筋の設定もキャラ設定も魅力的。 おおわざこわざが ぎっしり。 
大技(ストーリー全体にかかわるSF的設定 特に「なぜ地球にこれほど命があふれているか」の理由がツボ) 
小技(キャラを立たせる設定 しのぶの長ランへのこだわりとか、腐女シスターズとか) 
エンタメでありながら 家族や命にかかわるところに作者の哲学?愛?が感じられて
文学性も両立してると思うし。
あ、BL的にも もちろん 「つきゅん」。 

この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
蛙のひとりごと
- 2015/05/13(Wed) -
井の中の蛙が 外をのぞいてみたい と つぶやいたそのタイミングで

んじゃ出てきてごらんよ  と お誘い。

うーんうーん と 迷いつつ 背中押してくれる声に勇気づけられ行ってみようかな と。

んだけど ながらく引きこもりしていたから 大変なんだわ。

いろいろと。

精神的にも 
物理的にも
(蛙はいいなぁ 身ひとつで・・・)

人みしり って それを自分に許すと どんどんふくらむのね。
新しい場所や新しい出会いに気後れするって つまり 気を使うのが億劫になってるのかな。
あ~~~老化?! やばいやばい。 

  
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
| メイン |