「しぶ」
- 2015/02/23(Mon) -
kurageIMG_7548.jpg

クラゲの写真を送ってもらって 「しぶ」って言葉を思い出した。

泳いでいて 足や腕に びりっと 痛みが走る。 

「しぶに やられた~」  と 言っていた。

しぶ=くらげ だと たしか両親がそう教えてくれた。 和歌山の方言だと・・・。
(両親は関東の出身・・・半世紀以上和歌山に住んでも 方言しゃべれない しゃべらない)

さっき検索してみて 衝(笑?)撃の事実が! 

しぶ = 「ちんくい」( エビ、カニ、ヤドカリなど甲殻類の幼生)・・・?   

へぇぇぇぇ~~~~ 50年以上 しぶ=くらげ   くらげに刺されたんだとばかり 思ってた。   

多分 どっちにも 刺されーの ちくんされーの でも平気で泳いでいた子ども時代。 





この記事のURL | ふるさと | ▲ top
乙女番外編
- 2015/02/16(Mon) -
 「タイムストーリー 5分間の物語」 お祝い会 IN 明石
 
  うふ  
 写真mini3_~1
  乙女のみなさま
 写真mini1_~1
  ありがとう

  これからも よろしくねーっ

    
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
里帰り ひとこま
- 2015/02/08(Sun) -
 縄跳びしている女の子の ほっぺが赤い。
 鳩を追いかける男の子が ふと立ち止まりふりむき 
 母親の姿を確認して また走り出す。
 バスケットゴールの下では 少年たちのエネルギーはじけ。
 潮風。
 夕日に輝く沖を みつめる女性。
 砂浜クラブ活動、本日はバレー部。
 ウォーキングするひと。
 ゆっくり自転車こぐ人の視線は 海。

 そんな 扇が浜の 夕暮れ。

 150207_1609~010001

    

   
 
この記事のURL | 詩(ふるさと) | ▲ top
| メイン |