実家まえの道端にて
- 2014/05/25(Sun) -
140524_1336~020001
姫緋扇(ヒメヒオウギ)


140524_1337~010001
どくだみ

どちらも 1~2センチの小花
どちらも いづこからかの こぼれだね
 
可憐にして 生命力強し  最強~
この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
第2回乙女塾
- 2014/05/15(Thu) -
140515_1250~010001
(三宮・青少年会館にて)
 
 第2回乙女塾 (作品合評会)

  

ほどよい緊張感 + 貪欲な向上心 + 異なる視点からの意見 = 目からうろこポロポロ

いやもう たまらん おもしろかった~

充足、前進

ありがとう~



  
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
覚え書き・ 北斎
- 2014/05/14(Wed) -
神戸市立博物館へ
140514_1440~020001
 北斎展
 北斎の描く 水の動きが好き
         水の青が好き

 いづれの色も美しかったけれど。
 二〇〇年近く昔のものなのに、色あざやか 派手ではなく 心地よくしみてくる色(DNA的好み?)

 今回のお気に入り備忘録(私的ツボ) 
  ・富嶽三十六景  穏田の水車 (水車に絡まる水、流れ出す水、働く女たち&遊ぶこどもの裸足)
  ・芥子 (風、風ふかれる芥子の動き、花の色)
  ・鷽 垂桜(背景の青、身をひねる小鳥の姿)



細かいし 薄暗いし 全てをじっくり見るのは 老眼の身にはきつい・・・(ので好みのものだけじっくりみた)  
    
 
 浮世絵って 絵師が絵を書き 彫師(ほりし)が木を彫って板を作り 摺師(すりし)が何段階にもわけて色を重ねる。

 彫師やほり師の技量も できばえに大いにかかわるし 難しそうなのに 名前が残るのは 絵師だけなの? 

 〈浮世絵ができるまで〉(くもんミュージアム) 





この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
辞苑
- 2014/05/08(Thu) -
辞苑・・昭和十年に博文館より発行、新村出編纂
古い辞書だし
図書館に・・・もうないよね~
と思いつつ、検索したら あった。
しかも貸出可能。
図書館ってすごいわ

・・・この状態の本を貸し出してくれるってのも。(もちろん資料として別保存版があるのだろう)

140507_1427~010001
140507_1427~020001

自宅に持ち帰ってバラバラにしちゃうのが怖いので 
図書館で触りまくって感触楽しんで
何箇所かコピーして 即 お返しした。

この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
珍しくへーわな連休
- 2014/05/05(Mon) -
 ひとつ 区切りついて
 ひとつ 手をあげて挑戦
 よくばってもうひとつ 思うままに  書く。

 午前創作 午後家事 夜創作。 (←テレビ排除で夜時間ゲット)
 
 この連休 そんな感じ。

 いまんとこ ワレナベトジブタの けんかもなく
 
 あら 最高

(たいてい、最後の一日で喧嘩勃発。今回はいかに?!)
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
| メイン |