ココロ
- 2013/10/30(Wed) -
 わたしが少女だったころ わたしの「ココロ」は 胸にあった。
 恋をすれば 胸がきゅんとした。
 
 女盛りと呼ばれたころ 「ココロ」は 胃腸のあたりに 移動した。
 苛立ったり辛かったりすると  胃腸がねじれ傷ついた。
 愛の飢えは  空腹に直結した。 

 さて 更年期とやらを越えた このごろは……

 右のかかとから しゅうしゅう エネルギーのもれでる日があった。
 あれはココロが かかとで やさぐれていたからだ。
 
 左の手のひら、おやゆびのつけねあたりで うずくまっていたこともある。
 熱く切ないから すぐにココロだとわかった。
 
 今朝なんぞは 背中、肩甲骨の間がすぅすぅ寒い。
 ココロが そこで 凹んでいる。
 背中を暖め しょうが湯を飲もう。

 長い時間を共にして
 いま  
 ココロとからだが いいあんばいに とけあっている。


  
 
 
 
 
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
「七夜物語」
- 2013/10/22(Tue) -
芥川賞の「蛇を踏む」を読んで 肌に合わない と思い込んでいた作家さん。
表紙に惹かれて 手に取る。
酒井駒子さんの挿絵と渾然一体のファンタジーワールド  快感~ 
小説だけれど 児童書のような。
小学4年生の主人公とともに〈夜の世界〉を旅して でも大人だから味わえるこの物語。
読み終わってみれば やはり小説。 
七夜物語(上)七夜物語(上)
(2012/05/18)
川上 弘美

商品詳細を見る

七夜物語(下)七夜物語(下)
(2012/05/18)
川上 弘美

商品詳細を見る


小説だけど挿絵があって素敵なの
131022_1336~010001
この記事のURL | 読書ノート | ▲ top
ふるさと夕暮れ
- 2013/10/13(Sun) -
田辺1310121726
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
| メイン |