はははは
- 2012/09/26(Wed) -
 予約2週間待ちの歯科、本日予約日なり。

 奥歯4本 歯根治療を希望するも 

 医師より ていねいに優しく(口調ソフチタッチ、イケ面) 

 治療の難しいこと このまま置いておくと中々危険であることを 告げられ

 抜歯決定

 医師 「さっそく 今日 2本」

 私 「お願いします」 (心の準備ができてないよ~!!!)

              ↑ 心の叫びが聞こえたらしく 
                抜歯後 医師から いたわりの言葉があった・・・が・・・忘れた。

    

   
 
 で 来週 また2本抜歯。
 
 もともと歯質が弱いうえに 何度も削って薄くなって 縦割れしちゃって 治療不可。

 歯根が化膿してから 10年以上 抗生物質でやり過ごしてきた歯歯歯歯。 おつかれさんでした。
 
 (歯磨きは ちゃんとしてるんだぜ!)
 
 で そのほかにも やばい歯が 2本ほど あるらしい・・・


      
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
「遠い町から来た話」
- 2012/09/25(Tue) -
遠い町から来た話遠い町から来た話
(2011/10/14)
ショーン タン

商品詳細を見る


 「アライバル」も凄かったけれど これもまた。

 アライバルは 字のない絵本 というより グラフィックノベル。

 (故郷の図書館では 大人用の書架にあった)

 「遠い町から来た話」は 絵と文字による 短編集。 

 ファンタジックで ドキドキで 意味深で どこにもない初めての世界

 ショーン・タンの想像力ときたら まったく もう ・・・

 ・・・爪の垢をわけていただきたい・・・


 もくじ で はやくも 悩殺さ
この記事のURL | 読書ノート | ▲ top
正直者だか単純なんだか たぶん後者
- 2012/09/20(Thu) -
 歯の根が痛むとか 首や肩も痛いとか
 夏の疲れかしらとか 更年期? とか
 もろもろ不調があったとしても

 里帰りの準備を始めた途端 オールリセット!
 不調はすべて消えるのダ
 あたしの身体ってば  なーんて 正直者♪
 
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
白雪姫に注目!
- 2012/09/12(Wed) -
 先日 物語のある絵が好き 画家さんの想像力をのぞくのってわくわく と 書いたら
 友人が ど真ん中の 絵葉書を 送ってくれた。

 shirayukihime.jpg

   (菊池健さん画)

 うーん 携帯の写真では細かいところをお伝えできないのが残念!
 7匹の猫ってのも 素敵だけれど 
 白雪姫の上半身がね~~~♪ 
 ふたつのリンゴがね~~~♪
 
 この絵 好き わっくわく

 (と ラブコール送ったら 神戸で個展してくれないかなぁ~~~ せめて関西で)

 神保町のココノビ堂にて絵ハガキ販売・・・遠い。
 
 ・・・あ、 娘に頼めばいいんじゃん  
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
運命の車輪
- 2012/09/06(Thu) -
 絵について 技術的なことも歴史的なことも さっぱり知識がない。

 ただ 感じるのみ。 物語のある絵が 好き。

 その画家さんが想像したものを目の当たりにするのって わくわくどきどき

   兵庫県立美術館 へ 「運命の車輪」を見にゆく。

 120905_1033~010001

            ↑

 車輪は重たげで情け容赦なく 
 女神は恐ろしく美しい 身体はたおやかで優しい曲線 顔は憂いげ…憂うのも無意味と悟った冷ややかさ
 車輪から逃れられぬ三人の男は苦悩の表情、
 なかでも一番下で踏みつぶされそうな詩人は恨みっぽく女神を見上げ
 女神は 一見優しげにもみえる憂え横顔で 無視・・・・


 そーかぁ これが バーン=ジョーンズさんの 運命の女神なんだぁ。(男の画家さんだよねぇ) 
 
 誰かの想像力に圧倒されるのって 気持ちいい~~~! (結局、そーゆーこと)

 「運命の女神」って切り口で いろんな画家さんの絵を集めて見せてもらえないかなぁ。
  
 とくに 女性画家さんが描く 女神が みたい。

 ダメもとで リクエストしてみるか (リクエストコーナーあるのか??)


 同時開催の パール展 天然真珠が素敵 垂涎もの
 たから貝の天然真珠 (←こんな色なんだよ)
 手のひらで感じたかったなぁ 握ってみたかったわぁ(二度と手離せなくなってそのまま逃走する)
 真珠のもと(核)は貝にとって異物なのだろうけど 真珠になった時点でそれは貝自身なのかな。

 もうひとつ同時開催 「美術の中のかたち 手で見る造形」
 これは 心地よかった。
 ぜひぜひ 係員さんのお勧めに従って 荷物を置いて 目を閉じて 視覚以外の全感覚で作品を味わってみて!
 目で確かめるのは 終点まで行ってから。 


 常設展示の日本画などもまわり  美術館一日コース。
 館内カフェ、ガラス張りカウンターから空が見渡せ カレーが美味しい。
 入道雲と 秋の雲が 入り混じる空。
 夏の終わり 秋の始まり 佳き一日。 


 美術館内の雑貨ショップ 展覧会半券提示で割引があることを 帰ってきてから知った・・・ 
     
 
この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
にゃんこ後日談
- 2012/09/05(Wed) -
 9月2日に現れた猫一家

 子猫は めきめき運動能力をあげ

 9月4日 深夜に 一族大移動再開。 猫道を進んで行った・・・。

 この二日間

 母猫が 食べ物を運び

 姉猫が 留守番 子守 鍛え役
           (↑木登り&網戸登りを教えてた・・・)

 人が近づくと 親は威嚇 そのすきに子猫は走って隠れる。

 見事な連係プレー。 
  
 野生動物を見ているようだった・・・

 ・・・ただ母猫が日に数回運んでくる食料が・・・遠目ではっきりしないものの

 ・・・蒸し鶏や白身魚に見えた・・・・一度はバターつき食パン丸ごと一枚・・・うーん???



  
この記事のURL | | ▲ top
軒下 乗っ取られちう
- 2012/09/03(Mon) -
 我が家の裏には 猫道がある。
 その歴史は 私たちがここに引越してきた16年前より古く どうも猫に先住権があるらしい。
                                 (少なくとも 猫たちは そう主張している)

 その猫道に 昨日 突如として あらわれた一群。(網戸ごし、携帯の望遠)

 120903_0748~010001

これ以上 近づくと 母猫が怒る。  
 120903_0912~010001

 そっと ベランダから のぞく。

 120903_1053~020001

 
 子守役の ねえちゃんもいる。  

120903_0753~010001

”母ちゃんと姉ちゃんは食事してくるからここにいなさい” と 言われたらしい。
  おとなしく待ってる おりこうさんたち。(ベランダから盗撮)
 
120903_1435~010001



食後帰宅した母と姉は 満足げに顔を洗ってた・・・お宅、どこ?  

 


 只今 我が家は  裏庭出入り禁止。 窓を開けるにも カーテンを開けるにも そーっと。

 母猫の怒りも怖いが それ以上に 子猫がパニックくって逃げまどうのが怖い。 隣はそこそこ大きい駐車場。
                       
 坂道住宅街なので隣と段差があり、駐車場へ落ちたら子猫の脚力ではもどれない。 車の出入りも多い。

 邪魔はしないが 食糧もあげない。 我が家なりに 生き物を飼えない事情があるから。 


 この母猫 多分 同じ町内の外猫。 もしくは えさやりさんのいる猫。

 以前にもご近所で出産。 子猫が移動できるようになったら ホームグランドへもどって行ったらしい。

 今回も 一族大移動の途中?  無事にもどれますように。

 
 悩ましいのは 避妊の問題。 

 飼い主 もしくは えさやりさんを探し出して 相談すべきか・・・・

 でも 一族を率いる母猫の姿は 尊厳に満ちていて・・・・

 避妊が必要な理由は頭ではわかっているつもりだし 反論するつもりもないのだけど

 こういう姿をみせられちゃうと感情のほうが……このまま親子ともに暮らせれば……とかって。

 ・・・悩ましい。

 
 
 ゴミ箱が使えないとか  庭が猫のトイレになって多少匂う なんてのは 全然平気なんだけど。

 

 
     

 

  
 
 

  
 
 
 
   
この記事のURL | | ▲ top
| メイン |