小風さち講演会覚書き
- 2011/04/26(Tue) -
 ~4月23日講演会の覚書き。メモ~ 

 〈赤ちゃん絵本について〉(「ぶーぶーぶー」朗読)

    赤ちゃんは言葉を 触れて遊んで感じて食べる 体の一部にする。
    必要なのは ふつうの言葉 ふつうのリズム わかりやすく美しい絵 読んでくれる人
    不必要なものは あってはならない。 
    小風さんは、赤ちゃん絵本を書く時 母だったころの自分に耳を澄ます。
    これなら赤ちゃんに差し出せる さあお食べなさいと。
    この世を乗り越えてゆく糧になるものを。 
    生まれてきたばかりの心に まずは この世界の優しさ、美しさ、豊かさを。
     

  〈わにわに絵本について〉(「わにわにのおふろ」朗読)

     *リアリティ
     物語世界がリアルであるは必要ないが リアリティは必要
     そのために大切なのは 自分の目と足を使って書くこと 見ること
     リアリティとは いわば こどもと物語の間にかかる橋
     丈夫でゆるぎなく、こどもが物語の最後まで行ける橋 こどもは自分の足でそれを確かめ記憶する

     *擬音
     聞こえたままを 聞こえたように 書く。
     自分の耳を使って書く。


  おはなしを作るのに大切なこと  
 
     こどもに提示したい世界が 作者の中にあるかどうか
     こどもが明確にイメージできなければいけない
     作者自身が 表現したい世界を つかめているか。 見えているか。

     余分な表現はいらない。
     形容詞、心理描写は最小限
     たとえば昔話。 最小限で最大限のことを伝える。
     
     絵本は 画集でも詩集でもない。
     絵本の言葉は 人の体を通して音になり こどもたちの体に入る
       


               以上      
 
                



             読むにも書くにも心理描写が好きな私は え~~と思う部分もあったのだけど
 
             小風さんがおっしゃってたのは 赤ちゃん~幼年の絵本のことなのでしょう 
             

              追記  


              絵本製作の工程(テキストとかラフスケッチとか・・・)や 
              わにわにの画家 山口マオさんのことなんかも(ワイルドでパワフルでおおざっぱ??)

        

 
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
嬉しい日は
- 2011/04/25(Mon) -
    「胸いっぱいだから 夕食は シュークリームね」


      なんてやってみたいが 息子が牛乳アレルギーだから無理  

       
この記事のURL | 「あわい」足跡 | ▲ top
「小風さち講演会」 一番心に残ったこと 
- 2011/04/23(Sat) -
  小風さんといえば わにわに でしょ!

わにわにのおふろ (幼児絵本シリーズ)わにわにのおふろ (幼児絵本シリーズ)
(2004/10/15)
小風 さち

商品詳細を見る
   

  わにわにのおふろ と言えば  擬音! 
 
  あの魅力的な擬音はどうやって?  

  「聞いたままを書く。 作為的なことを書いては子供に届かない」 ですって。

   講演会 帰ってきたところ。 聞きたてのほやほや。 あとは また 後日(多分) 

      
           


    マイブーム  ”まっちゃ で ひとやすみ”

  無題
 
        ↑泡々しいのが理想        ↑栗落雁 
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
読書ノート「あんじゅう」
- 2011/04/19(Tue) -
 ああ やっぱり マイベスト宮部みゆきさん。

 登場人物(あやかし?)も私好み。
 
 ひさしぶりに時を忘れて (・・・夜が更け 明けるのにも気づかず・・・) 

 本を読んでいることすら忘れて 物語世界に浮遊した。

 本が紙と活字ではなくなる、そういう時間。 あー 癒された。 (寝不足だ) 


あんじゅう―三島屋変調百物語事続あんじゅう―三島屋変調百物語事続
(2010/07)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


        主人公おちかに客人が不思議話を語る という入れ子になっている物語。
          にもかかわらず 今目の前で起こっているかのごとく臨場感。
          不思議話の時系列と おちかの時系列の 交わり方 つながり方

          人の心の機敏 揺れ 

          物語力!(熱望)  ストーリー展開のおもしろさ自然さ

          底流に流れる 人間へのあたたかさ、許し?

          (作者が下町育ちのことと関係してるのかなー)  
この記事のURL | 読書ノート | ▲ top
年に一度の逢瀬
- 2011/04/14(Thu) -
 毎年 この日

 静かな時間
  
110414_1413~01

 わたしは 元気

110414_1418~01

 わたしも がんばる

110414_1430~02


 また来年
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
意志表示
- 2011/04/12(Tue) -
 いけにえ を 必要とする 

     『快適』


 こどもたちの未来を 担保とする 

     『発展』


     そんなもの 

     『いらない』
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
春だから
- 2011/04/10(Sun) -
さぁそろそろ 花粉ウツ(花粉ボケ)から抜けだそー 抜け出すぞー
        
   と言いつつ ブログ更新も 無気力な 今日この頃 
     
 
本も何冊か読んだものの  

もう 誰かが死ぬのはいや 誰も死なないで
たとえ 物語の中でも。
 
なのに 手元に来た本が・・・「死」が多すぎる

読書メモする気力がないので 読んだ本のリストだけ覚書
         
         

伏 : 贋作・里見八犬伝///桜庭一樹著/文芸春秋

卵の緒/新潮文庫//瀬尾まいこ著/新潮社

幸福な食卓///瀬尾まいこ著/講談社

家日和///奥田英朗著/集英社

ハブテトルハブテトラン 中島京子

頭のうちどころが悪かった熊の話  安東みきえ

「わたしの好きな人」  「明日につづくリズム」 八束澄子


 
この記事のURL | 読書ノート | ▲ top
| メイン |