紅葉の錦 ・ 六甲山
- 2009/11/28(Sat) -
                 街と山の境を 電車が走る
   DSC00321.jpg
                 
                 私は 六甲山を眼下に 浮遊
   DSC00367.jpg
                         ↑ ゴンドラの影
 
                   ダムも 紅葉をうつし
   DSC00327.jpg
                  
                 天より降りるか 天へ昇るか
   DSC00335.jpg
                  
                    地と空が 呼応する
             DSC00340.jpg
                    
                   ここは 神戸布引ハーブ園
   DSC00328.jpg
                   
                         
                  ハーブの写真はどこだ?

                         ここさ
           DSC00343.jpg
                 ハーブサンドイッチ(美味美味!)と ハイビスカスティー

   DSC00356.jpg
                 ラベンダーソフトクリーム
           
                 秋の景色は最高に美味しい♪


                                
 
                    六甲山 紅葉まっさかり 

                リアルは 写真の10000倍 素晴らしいから ぜひ

                     詳しいアクセスなどは    
                 
                      神戸布引ハーブ園




                   六甲山 紅葉の錦 神のまにまに 


                   いえいえ これは 神からの贈り物


                   
この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
翅 と 檸檬
- 2009/11/27(Fri) -
          蜻蛉や蝶の

          繊細 優美 儚さは  「羽」  ではあらわしきれず

          彼らのあれは 「翅」 なのだ。


          ふと レモンを思う。

          「檸檬」の 憧れと孤高の混じる香を 想像してみる。

          「檸檬」を書けないわたしには 馥郁たるまぼろしの。


                    
               

          「檸檬」だけじゃなく

          「儚さ」(はかなさ)や  「馥郁」(ふくいく)も 書けなかった。。。

          「儚い」 と 書けば   立ちのぼりゆらめく 何か。


          なんてことない 個人的こだわりです。  教科書は「羽」でしょう。

          相手に理解してもらえなきゃ 言葉として成立しないわけだし 

          まして 児童向け物語なら。。。

          と言いつつ トンボの羽  。。。って なんか違う。。。
                          

          「翅」 で ルビ 振りませう。

         
           
                    

           

                     
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
晩秋
- 2009/11/26(Thu) -
        晩秋の 世界あまりに美しく


        心さざなみ なぜか 悲しみに似る

        
        何を求める 切なさか
                

        土と樹と我と 息吹を交わし 


        溶けあう吐息に  生を確かめる 
この記事のURL | 詩 (風 雲 空 雨 海) | ▲ top
カラタチ
- 2009/11/24(Tue) -
                酸っぱいだの 苦いだの 食えないやつだのって

                フン!

                あなた好みに実るつもりは ハナからないわ



                なんて 緑のとげを 突き出して



                好きなひとのためなら  身をけずって 薬

                               涙しぼって お酒

                けなげに尽くす ツンデレカラタチ




         DSC00315.jpg


                                         
                                

                カラタチの実って こんなに 大きい?

                でも このトゲと匂いはカラタチの木 アゲハの保育園。

                食べてみた♪ 

                レモンほど酸っぱくはないけど 美味しくは… 半個で胸やけ。(強酸?)

                実が大きすぎて 果実酒ビンの口を通らないので 4つ切りに。

                お酒の中に果肉がこぼれるし 果汁も出すぎるか。

                まあでも そのへん おおらかですから わたくし。

         DSC00311.jpg

                大きさ比較のため温州みかん ON。

                お酒にしきれない分は 入浴剤かなー

                こちら↓ 2年物カラタチ 特大
         DSC00318.jpg
                
                湯船に浮かべ ぷかぷか 

                眺めているうちに どんな味だろうか と …

                2年 水を吸ってた分 酸味と苦みは少なく

                はっさくとグレープフルーツと夏ミカンを合わせたような 

                でも やっぱり 胃が焼ける。。。もう やめとこ

  

                           

           



                                                        
この記事のURL | 詩 (キッチンより) | ▲ top
インフル・エンド
- 2009/11/20(Fri) -
              主人公・男18歳       母     姉     父



         
   先週 木曜日 深夜 発熱と咳   自室隔離軟禁生活に入る
       
       金曜日 受診 リレンザ処方

       土曜日 解熱 

       日曜日 平熱 咳も減る
         ・   回復
         ・
       金曜日 3キロ痩せるも 元気

             登校禁止解けて 晴れて登校。。。のはずが 学級閉鎖につき今週いっぱい休み 

             パソコンと携帯で 楽しい軟禁生活。 自室に響く笑い声。
            
             友人たちとチャットやらオンラインゲームやら馬鹿話やら。 
                             
             ルーム・サービス継続を希望して  あほっ  一蹴される   
              
           

                数日 咳とやや倦怠感あり 発熱なし
               
                今日は 咳・倦怠感ともなく 体も軽い。

               これで ワクチンもう不要?  ン千円浮いた?

               (どのみち ワクチン優先度低いので 回ってこないけど)

               手洗いと消毒で 手荒れ。 早くもガサガサ冬の手。

             



                ともに感染なし ・・・ってか 一名 ほとんど家におらん と言うか ・・・

               
                         

  
            これにて一件落着  ご心配くださった方々 ありがとうございました

            さぁ この連休は ルームサービスの 恩返しをしてもらわねば☆

            カラタチの実を そろそろ 採らんと 車に落ちる。 

            脚立の上で枝ばさみを伸ばすのは 我が家では若い子の仕事

            息子や? 無償の愛やなんて 甘いでぇ?

                            
                          
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
はるか昔に少女が
- 2009/11/17(Tue) -
          はるかな昔 まだヒトが言葉を持たなかった頃の ものがたり



          果実に気をとられた少女が 仲間とはぐれ 夜の草原にただひとり。

          獣の刻を知らせる月の出に   

          少女は 風が彼女の匂いを乗せぬ岩陰に身をひそめる。

          
          朝まで無事でいられれば 仲間がのろしをあげてくれるだろう。

          父が迎えに来るかもしれぬ。

          少女は かたわらに転がる小石を拾い上げ にぎりしめる。



          月は煌々 天に高く    風が獣の咆哮を 運ぶ。

          少女は東の空をみつめる。  待つのは太陽。

          身を守るは 手の中に握りしめる小石だけ。
 

          待てども 待てども 東の空は明るまず

          獣の気配ばかりが濃くなる闇に 耐えきれず

          少女は 小石で 大地を打つ。

          指先でなぞれば わずかに削れた痕。

          同じ場所を 再度 小石で打てば 痕も少しばかり確かになり。

  

          少女は 夜の不安におののきながら

          東の空に 自分の明日を待ちながら

          小さな石で 大地を刻む。

          それが 何の役にも立たないことを 知りながら

          なお そうせずには いられない。

          言葉にならない あふれる想いを 刻まずにはいられない。

          少女はその時 大地を刻みながら おのれの深くをも 刻んだのだ。

          生きる と 強い意志とともに。          

          


          だから わたしも  刻まずには いられない。

          腹を満たすことも黄金に変わることもない にも かかわらず。

          生きるために。

          言葉を。


          はるかな昔 少女が残した 遺伝子の傷痕に 触れながら。  


          
この記事のURL | 物語詩 | ▲ top
インフルエンザ・レポート2
- 2009/11/15(Sun) -
          主人公・男18歳       母     姉20歳     父

          
 (日曜日)   感染推定5日 発症3日め

          朝食 おじや りんご (普段はパン食なれど、おじやかうどんしか食べる気にならない)
              薬服用
          体温 36.6 平熱にもどる 咳あり

          自室(日当たり良好・暖房・ベッド・机・パソコン・ルームサービス付き)で 
          パソコン三昧読書三昧ときどき昼寝。
          快適な環境を維持するため 宛メ―ルに ”ありがとう・お願い・ごちそうさま”を忘れない。     
           昼食 きつねうどん みかん

              午後 入浴

          夕食 ごはん 煮魚 野菜炊き合わせ 昆布佃煮
              薬服用

              体温36.6 平熱 咳が軽くなってきた 
                          (ひどいときは重く深いところからの咳音・肺が痛くなるような)

              クラスメートとチャットを楽しむ。(インフル・週末同時発生らしい)


                                咳あり 平熱 食欲あり 
                                 気分は悪くないが 感染疑い濃厚のため
                                 今週は諸々お休み。外出自粛。                                 
                               幼少喘息がちだった息子(医師報告済)の咳が気になり
                               リレンザ副作用をネット検索。
                               (吸入式リレンザでよかったのか?)
                               リレンザ副作用とインフルを秤にかけて…
                               治療終了後でないと結果はわからないと結論。
                               処方された薬は リレンザと解熱剤 朝晩服用 5日分
                               消毒と換気に務めるも 腕まくりする癖に気づき愕然。
                               息子の部屋から出てきて 手を洗う前に腕まくり。
                               台所作業の合間にも腕まくり。 。 。 (>_<)
                               かっぽうぎを着用することに。
                                 
                               食器、タオルなどは 病人のものを分ける。
                               
                               食器洗い洗濯などは一緒で可 と病院からのプリントに。
                               でも気になるから別洗い。
                               (無意味な労力かも。疲れてきたらやめよう)

                                 ひきつづき外出 接触ゼロ
                                 ほとんど自室に引きこもる  
                                                     


                 ☆    おまけ   ☆


              ウイルス§に感染していると確信した時 

              おんなは 自分が一番 美しく見える着物に袖をとおした。

              入念に化粧し 髪を整えた。

              自分を裏切った愛しいひとと 会うために。

              あのひと と ともに 黄泉の坂をゆくのだ。

              熱に侵された骨が 歓喜にきしんだ。


                ☆ おまけ↑ は 100パーセント フィクションです。  
                    
                    でも 性格の悪さが露呈するので ここでやめます ☆
                   
                        
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
インフルエンザ・レポート
- 2009/11/14(Sat) -
         主人公・男18歳       母     姉20歳     父

 
 (水曜日) 部活仲間に 喉の痛みあり

 (木曜日) 喉が痛いものの平熱(36.5)のため登校
        夜 37.3度 入浴後 早めに就寝
        深夜 咳 ひどし

 (金曜日) 朝39.2の熱 咳ひどし 筋肉痛・頭痛あり  食欲なし 
        自室に隔離される
        外部連絡ツールは携帯

                  一番近い病院(町医者)に電話
                  「発熱39.2 診察可?」
                   「可 マスク着用のこと」
        診察・症状からインフルエンザと診断(ウイルス検査なし)
        リレンザ処方     
        一週間の登校禁止    
        帰宅後 薬服用 (午前10時すぎ)

                   500ミリペットボトル(スポーツドリンク、水等)買いだめ
                             ↑ 息子部屋用 キッチン立ち入り禁止につき

                           マスク、除菌スプレーは備蓄あり
                           ドアノブ・電気スイッチ・蛇口など消毒

        終日食欲なし 熱のためか喉の渇きあり スポーツドリンクを欲しがる

        夜 37度台 咳あり  薬服用   

 (土曜日) 朝37.2度 咳 軽し 食欲ややもどる 顔色よし 薬服用
        昼 うどん一人前 完食
        終日ベッドで読書
        夜 おじや一人前、茶碗蒸し、ミカン, 薬
           咳少々 熱37度 





                   外出つづきのため病人と接触なし 
                   平日はほとんど接触なし 土曜日を家で過ごす

                    隔離前潜伏期間に一緒に食事 
                    隔離後も接触
                    土曜日午後10時半現在 やや咳が…熱は36度 食欲あり
                   のぼやき
                   自室隔離しても トイレ洗面所へのラインは家族共同
                   息子使用の度に ドアノブ電気スイッチ蛇口消毒…やってられへんわぁ

                          
                         


                 この続きは また明日? 気が向いたらね?
                 明日はが主人公か?!
                   

                                 

              

        
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
坂道にて
- 2009/11/11(Wed) -
            我が家につづく上り坂 買い物袋が重たくて

            これでいいのか 選んだ道

            もしもあのとき 別の選択したならば

            もっと夢の近くにいたろうか 




            夫を迎えに車で走る 駅につづく下り坂

            ライトつけ こぎのぼってくる自転車

            すれ違う 1/2 秒  息子と目が合う

            その一瞬に確信する   
           
            この道が わたしの選択                   

              


            わたしの夢は ここから 


                     
                 

                   

                    

                    
                    
              
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
須磨アルプス♪(鉢伏山旗振山)
- 2009/11/06(Fri) -
                    すまうらこうえん 下車  
     DSC00303.jpg

                      猫の関所を経て
     DSC00268.jpg
     DSC00267.jpg
                 行ってよし

                  モミジのじゅうたん 緑のトンネル
            DSC00271.jpg

                     石畳の階段 (><)
            DSC00275.jpg

                      最高の励まし♪
     DSC00276.jpg

                  鉢伏山 回転展望閣からの眺め
     DSC00290.jpg
     DSC00292.jpg
     DSC00293.jpg

                     そして 旗振山へ
     DSC00278.jpg

                       旗振山山頂
           DSC00280.jpg

         旗振山からの一望は筆舌に尽くしがたし カメラにも納めがたし


         左右から なだらかな緑の稜線 ところどころ紅く燃えはじめ

         稜線の低く交わるむこうに 海
          
         波さざめかせる風を頬に感じ  波に踊る光のまぶしさに目をすぼめ

         あ いま わたし 鳥になってる …


         そういう場所です。 ぜひ ご自分の五感で味わってください♪  

     DSC00277.jpg
       
      須磨アルプスハイキングコース 詳しくはこちら                       



    
                 おまけ 
     DSC00297.jpg
                ぶち猫一族による山頂検問
                            
           

           
この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
- 2009/11/04(Wed) -
                   秋の光を 追いかける

                   近づけば 逃げる
                   
                   いだかれ染まると  見失う

             

                   アイ とか シアワセ とか と 同じで


        DSC00260.jpg




この記事のURL | 詩 (森) | ▲ top
- 2009/11/02(Mon) -
            ニワトリに会った  オニの森の入り口で
            空を仰ぎ 懸命に羽ばたいていた  

            何をしているのかと 問うた

            「飛び立つ訓練だ」  彼は答えた

            ニワトリは飛べないよ そう 言ったなら

            「知らないのか 
            海で生まれたバクテリアが 陸を走り 空を飛ぶ 命のことわりを」

            あれは進化よ

            「そうだ 進化だ 命の意志だ
            だから我は 羽ばたき 空を仰ぎ
            我が身のすみずみ 細胞のひとつひとつに 飛べ と意志を送っているのだ」
          
            ニワトリが羽ばたいても空は飛べない

            「飛ぶ 
            飛ぶために生きるのだ 生きるために飛ぶのだ
            その意志が 我が身に満ちた時…」

 
            胸を張り 翼広げ 空をみつめる姿が  切なくて  
            目をそらしうつむいた その時
            一陣の風 ひときわ大きな羽音 のどをふりしぼる彼の声
        
            顔を上げた時には ニワトリは消えていた 

            青い空へ 溶けたのか
            それとも オニの森に 吸い込まれたか

            大切なことを 聞き逃した
            ニワトリと生まれて なぜ 空をめざすのか
            ニワトリとして 地上で生きていけるものを           



この記事のURL | 物語詩 | ▲ top
| メイン |