フ―フー ガクガク  ヒシヒシ 
- 2009/10/30(Fri) -
                山肌のコンクリート階段 

      DSC00259.jpg

        知る人ぞ知る須磨アルプスへの入り口 六甲全山縦走路

      DSC00252.jpg
 
                 登っても登っても…階段


              何度も休みながらフーフー登りきると  山道が             

                
      DSC00253.jpg
               

         須磨アルプスだの 六甲山縦走だの とんでもない 

         階段の上で充分かつ限界 高所から広がる風景を見たかっただけ 


      DSC00254.jpg


            さあ 降りよう… 

                    で

                     …新しい自分を発見しました             

               
               
            あたしってば 高所恐怖症!!!
 

            正しくは(?)急性高所恐怖症 

            今まで高いところ好きだったもん

            てか  きっと自力で降りなきゃいけない時だけ
                               


            急勾配の果てしない下り階段に 

            身がすくむ 膝は笑う 心拍数あがる

            いっそ 目をつぶって 降りようかと (注・危険)


            下りはカメラを出す余裕もなし

            登りとは異なる汗をかきましたわ? ^^;



            


                                                              
この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
- 2009/10/24(Sat) -
                  何のために ものがたりを 書くの?



                  ものがたりが 大好きだから

                  そして

                  わたしが わたしで いるために  
               
                 

                                                     
                  見失わないよう 空き缶に しまって

                  ここに 埋めておこう

                  
                  
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
お気に入りの一日
- 2009/10/22(Thu) -
     車で10分 (車内BGMは中島みゆき 「夢の通り道を僕は歩いている」「ヘッドライト・テールライト」)

     青空の下 なでしこ温泉足湯で推敲 もしくは ぼ???  はぁぁぁ???? (ほとんどこっち?)

     ソフトクリーム(抹茶バニラミックス)で エネルギー補給(昼食よ♪)

     周辺ウォーキング

     太山寺(たいさんじ)が目の前  

     DSC00215.jpg



     本堂は国宝

     DSC00236.jpg


          
この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
アルバム
- 2009/10/19(Mon) -
            アルバムに はさまれた チラシの裏書き

            鉛筆書きで 象形文字以前のなにかが 並ぶ


            幼いわたしが書いたものがたり だと 母が 笑う

            イルカとお姫様のものがたり だと 母が 言う            
            
            書いた本人が読めぬものがたりを 母が 読む


            忘れてしまった ちいさなわたしの ものがたりが

            アルバムに 残っている          




            

            
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
余韻 
- 2009/10/18(Sun) -
    夕焼けの余韻 
             夜に
                                           
                                                   
                  風の余韻
                        雲に

                                               
                              わたしの余韻
                                      どこへ
 
                                                   
                                        
                                            
                                                  
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
♡秋♡
- 2009/10/15(Thu) -
                      秋の陽は 

                      きらめき さんざめき 

                      したたる光は しぼりたて
                     

                      重力が 酔っぱらっているすきに

                      蒼空へ 飛び込もうぜ  


       akizoras.jpg
 
                 photo by Katsumi 「フリー写真ブログもってって!」



                        
この記事のURL | 詩 (風 雲 空 雨 海) | ▲ top
あのころ
- 2009/10/14(Wed) -
                  のぼり坂  砂利道  迷い道

                  自分の足で 確かめたかった

                  けもの道イバラと さとされても

                  その痛みを 自分の肌と心で 感じたかった

                  涙も 後悔も 受け止める覚悟で


                  恐れを知らなかったわけではなく

                  しなやかな回復力を 信じていた

                  泣き明かせば 立ち上がれた あのころ

 
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
言の葉
- 2009/10/13(Tue) -
                             言の葉  磨く

                                 鋭く

                             己を深く 彫るために




                             言の葉  削ぐ

                                 薄く

                             風にのせ 還すために
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
natural
- 2009/10/12(Mon) -
            一時間かけて磨くあなたの爪に 賞賛を惜しまない

            だから 

            どうぞ わたしには おかまいなく

            不格好な自分の爪の このままが気に入っているので



            あなたが髪の手入れにかける一時間

            わたしは庭先のクモの巣にみとれていた

            だからといって 

            あなたは なんら 損なわれない



            あなたが  価値あると思うもの

            わたしが  心地よいと感じるもの

            せっかくですから

            違いを楽しむと いたしましょう





            
この記事のURL | 詩 (わたし) | ▲ top
オクラのうた
- 2009/10/10(Sat) -
            母らしく 妻らしく 女らしく

            なんて 無理

            規格無用  矯正不可

            太陽と 雨と 風と 土の 恵みのままに

            わたし



            okura.jpg

この記事のURL | 詩 (キッチンより) | ▲ top
| メイン |