異変
- 2010/05/20(Thu) -
 この春は 杉やひのきの花粉が少なくて 楽だった

 庭では 薔薇が これまでになく 美しく咲き誇っている
 毎年あれほど悩まされる アブラムシも 毛虫も いないのだ

 どこも虫が少ないのだろう
 カラスやスズメが 例年になく ゴミを荒らす
 生ゴミの日 どのゴミステーションも 鳥のえさ場

 この頃 晴れた日でも 溝が濡れている
 地下水が流れ出している との うわさ  
 真偽は確かめていないが

 風呂場の脱衣場 換気口に アシナガバチが巣を作る
 ごめん そこはダメ わたしの家族が危険にさらされる
 人間に近付き過ぎた 女王バチのミス 
 ……今まで そんなところに作らなかったのに

 
 異変は いつから始まっていたのだ

 どの未来へ つながって ゆく?

 まがまがしき 足音を 聞いた ような

 足音は 外から?

 それとも 我ら自身の―― 

 
この記事のURL | 詩 (命) | ▲ top
死と老い
- 2010/03/18(Thu) -
  

  死を教えてくれたのは 父

  母からは 老いを学んでいる


この記事のURL | 詩 (命) | ▲ top
プラナリア
- 2010/03/06(Sat) -
プラナリア きみは 最強

ひとつの体を二つに分けて 二つの命 

百に切り刻まれたら 百の命を再生する 

死を条件にしない命 



ヒトだって ヒトになるずっとずっと昔 初めの初めは

シンプルな細胞分裂をしていただろうに

なんだって 男と女に分かれて 生殖の道を選んだのだろう

性の営みは  愛という装飾を はぎとってしまえば
   
         こっけいで

         時には 面倒くさくて

         悪くすれば あさましく 痛ましく

         だから闇に隠れて 

         しかも

         生み出す命は 死と抱き合わせ



プラナリア きみのように

わたしを割って わたしとわたし 


        別れの悲しみ に 傷つくこともなく


わたし は わたし から  わたし から わたし を 


        喪う予感に おびえることもなく


さかのぼっても 進んでも どこまでも いつまでも わたし わたし わたし

わたし わたし わたし わたし わたし わたし わたし わたし わたし


        わたし以外を 愛おしく思うこともなく。。。

        限られた命を 慈しむこともなく。。。

        時を惜しむこともなく。。。

        。。。ならば どうやって 生を感じればいいのだろう



プラナリア

あたしは きみには なれない 

こっちで がんばるしかないね
  
死と抱き合わせの命

限られた時間

哀しみから逃れられない生を



            
この記事のURL | 詩 (命) | ▲ top
ケヤキコンサート
- 2008/10/26(Sun) -
                                         
                                    樹齢数百年 

                                    おらが町のケヤキが 

                                    道路拡張で切り倒される
                                                             
                                    ケヤキは幼馴染

                                    切るな 守れと 集まった人たち


                                    新しい地への移植

                                    移植後遺症の治療  
 
                                    見守って 支えて 9年間

                                    今年も ケヤキのために
                                                                                                                                                           
                                    ケヤキコンサート?見守るために?

                                    11月15日 兵庫県高砂市にて
この記事のURL | 詩 (命) | ▲ top
スタートライン
- 2008/10/12(Sun) -
                                              めざすは                                           
 
                                             底なしの 青

                                             果てない 青

                                             
                                             迷いよ 失せろ

                                             震えよ 止まれ


                                            背中の翅 信じて

                                             深呼吸 ひとつ


                                  aozoratoakatonbo081008s.jpg


                                  写真by Katsumi 「フリー写真ブログもってって!」
          ( 著書大きな字だからスグ分かる! デジカメ入門 基本のキホン編 WindowsVista対応 ) 





この記事のURL | 詩 (命) | ▲ top
森にて 
- 2008/07/16(Wed) -
                                     カタクリ
                                
                                  一年目 花咲かぬ

                                二年 三年 まだ 咲けぬ

                                小さな葉に わずかな光を受け

                                  細い根に 力を溜める

                                   四年 五年 六年

                                   七年 八年 九年 
 
                                       十年

                                    その一輪の花に

                                      頭をたれる
                               
               
                                   
                                      トチの木

                                     数百年の年輪

                                  与えた実の数 いかほどか

                                     惜しげなく 与え 
 
                                       命 支え

                                     そのうちの 幾つ

                                      新たな芽生え

                                      その枝を仰ぐ
                                                                                                       
    

                                      美しき森にて

                                        友を想う



                   
この記事のURL | 詩 (命) | ▲ top
緑の迷子
- 2008/05/22(Thu) -
                                         干した傘の中 迷子
                                         
                                         あげはちょうの 幼子

                                         風にのって 飛んだ?


                                      aomushi.jpg
 


                                         カラタチに お帰り

                                         今日は やさしい 共存

                   
                                             。

                                             。                                           
                                       

                                          と おもいきや
          
                               
                                          バカヤロー

                                          さなぎになろうと 
                                        
                                          苦労して 下りたとこだったんだい って


                                     080520_1120~02

                                                                                  
                                          傘 に 入った あんたが 悪い


   
                   FC2 Blog Ranking








                             
この記事のURL | 詩 (命) | ▲ top
| メイン | 次ページ