はるか昔に少女が
- 2009/11/17(Tue) -
          はるかな昔 まだヒトが言葉を持たなかった頃の ものがたり



          果実に気をとられた少女が 仲間とはぐれ 夜の草原にただひとり。

          獣の刻を知らせる月の出に   

          少女は 風が彼女の匂いを乗せぬ岩陰に身をひそめる。

          
          朝まで無事でいられれば 仲間がのろしをあげてくれるだろう。

          父が迎えに来るかもしれぬ。

          少女は かたわらに転がる小石を拾い上げ にぎりしめる。



          月は煌々 天に高く    風が獣の咆哮を 運ぶ。

          少女は東の空をみつめる。  待つのは太陽。

          身を守るは 手の中に握りしめる小石だけ。
 

          待てども 待てども 東の空は明るまず

          獣の気配ばかりが濃くなる闇に 耐えきれず

          少女は 小石で 大地を打つ。

          指先でなぞれば わずかに削れた痕。

          同じ場所を 再度 小石で打てば 痕も少しばかり確かになり。

  

          少女は 夜の不安におののきながら

          東の空に 自分の明日を待ちながら

          小さな石で 大地を刻む。

          それが 何の役にも立たないことを 知りながら

          なお そうせずには いられない。

          言葉にならない あふれる想いを 刻まずにはいられない。

          少女はその時 大地を刻みながら おのれの深くをも 刻んだのだ。

          生きる と 強い意志とともに。          

          


          だから わたしも  刻まずには いられない。

          腹を満たすことも黄金に変わることもない にも かかわらず。

          生きるために。

          言葉を。


          はるかな昔 少女が残した 遺伝子の傷痕に 触れながら。  


          
この記事のURL | 物語詩 | ▲ top
- 2009/11/02(Mon) -
            ニワトリに会った  オニの森の入り口で
            空を仰ぎ 懸命に羽ばたいていた  

            何をしているのかと 問うた

            「飛び立つ訓練だ」  彼は答えた

            ニワトリは飛べないよ そう 言ったなら

            「知らないのか 
            海で生まれたバクテリアが 陸を走り 空を飛ぶ 命のことわりを」

            あれは進化よ

            「そうだ 進化だ 命の意志だ
            だから我は 羽ばたき 空を仰ぎ
            我が身のすみずみ 細胞のひとつひとつに 飛べ と意志を送っているのだ」
          
            ニワトリが羽ばたいても空は飛べない

            「飛ぶ 
            飛ぶために生きるのだ 生きるために飛ぶのだ
            その意志が 我が身に満ちた時…」

 
            胸を張り 翼広げ 空をみつめる姿が  切なくて  
            目をそらしうつむいた その時
            一陣の風 ひときわ大きな羽音 のどをふりしぼる彼の声
        
            顔を上げた時には ニワトリは消えていた 

            青い空へ 溶けたのか
            それとも オニの森に 吸い込まれたか

            大切なことを 聞き逃した
            ニワトリと生まれて なぜ 空をめざすのか
            ニワトリとして 地上で生きていけるものを           



この記事のURL | 物語詩 | ▲ top
あの日も あの日も
- 2009/08/24(Mon) -
                           ある日 種を みつけた
                           気に入って 胸ポケットにしまった
                           何の種だろう
                           時々 取り出してながめた

                           ある日 転んで胸を打った
                           種は ポケットの中で 砕けた
                           だから 捨てた

                           ある日 吹雪の中にいた
                           激しい風に 飛ばされそうだった
                           冷たい雪に 眠ろうとした
                           眠るなと 胸がチクチク痛みだし しかたなく ふんばった 

                           吹雪が過ぎ 胸を見たら
                           捨てたはずの種の破片が 刺さっていた
                           抜こうとしたら 胸にもぐりこんだ
                           胸の奥が ズキズキした
                           食べる時も 寝るときも ぼんやりする時も
                           ズキズキ ズキズキ ズキズキ
                           種なんか 拾うんじゃなかった

                           ある日 種の破片が 背中を突き破った
                           息さえできず うずくまった
                           道行く人が 肩甲骨のあたりに芽がでていると 教えてくれた
                           拡大鏡を使って背中を見たら 芽は 翼の形をしていた
                           笑ってしまうほど ちっぽけなちっぽけな翼 
                           つまんで引き抜こうしたら 痛くて涙がこぼれた 
                           抜けなかった
                           かわいそうな翼
                           他の人に拾われていれば 立派な芽がでたろうに
                          
                           うつむいて 歩く
                           他人の 輝く翼を 見たくないから

                           ある日 ハミングが聞こえた
                           背中のちっぽけな翼が 歌っていた
                           その声はかすかで 他の人には聞こえない
                           でも 楽しそうだった
                           思い切って話しかけてみた
                            「こんな背中で ごめん」
                           翼は答えず ハミングを続ける
                           勇気をふりしぼって 問うた
                            「いつか空を飛べる?」
                           翼は ハミングを続けるだけだった

                           ある日 翼と一緒に 歌いたくなった
                           歌った
                           そうしたら 空が目に入った 
                           頭上に青空が広がっていた
                           翼に聞いてみた
                            「飛びたい?」
                           背中がくすぐったくなった
                           翼が はばたいた らしい
                           一センチも浮かなかった
                           でも 上機嫌なハミングが聞こえてきた

                           翼と一緒に 空の下を歩いている
                           翼と一緒に ハミングする
                           氷雨に凍える日も 嵐に倒れる日もあるけれど

                           いつか…



                                      (旧ブログ2007年12月掲載の手直し)



この記事のURL | 物語詩 | ▲ top
| メイン |