創作履歴書、はじめの一行
- 2017/02/05(Sun) -

 企画して下さる方がいて、
 4月に故郷の図書館で 朗読&対談会 を させていただくことになった。
 その用意も兼ねて 作品履歴をここに作成しておこうと思い立つ。
 
 はじめて公募入選・出版されたアンソロジーを取り出し、
 選者・編集委員だった川村せんせいの文字に ほろりとし、
 もくじを見て すごい先生方と ごいっしょさせていただいたのだなぁ と 感慨にふけり・・・
   
 作業が すすまない。 

1486260722430.jpg

1486261777661.jpg

   
 
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
本年も どうぞ よろしく 
- 2017/01/02(Mon) -
    昨年は 嬉しいことと 心配事が 交互にやってきた。
       
    運命の神さま 禍福セットでお仕事?  (そんな短編を 以前 読んだ気がする)
             
    でも、 そういうものなんだろう。  昔昔から。  

         人間万事塞翁が馬
 
         禍福は糾える縄の如し
 
     若いころは 負けるものかと つぶやきもしたけれど

     このごろ それも違うかな と 思うようになった。    

     

     負けても再起する しなやかさ  

     それを 心に がんばっていこう。

     そんな 2017年。

     みなさま どうぞ よろしく お願いいたします。      

     
この記事のURL | ひとりごと | ▲ top
書くこと 気づき もうひとつ 自分のための覚書
- 2016/12/26(Mon) -
書き上げてすぐは、俯瞰の目が働かない。 
全体を見通したいのに、
それが大切で必須なこともわかっていながら、
虫眼鏡的な目になってる。
作品を寝かせば、いくらか、ましになるのだろうけれど。
そんな余裕がないまま送った原稿に、編集さんが意見をくれる。
そのとたん、ぱあっー、と、視野が広がって
俯瞰できちゃったりする。
うーん、この俯瞰の目が、初めから欲しい。
編集さんの俯瞰能力を、私も手に入れたい。
それって、虎の巻とか、あるのかしら。
修行方法を今度、教えてもらおう。

それにしても、
頼りないながら、わたしが俯瞰の目を感覚的にわかるのは、
合評経験の積み重ね、だと思う。
他人の作品を読み、批評することで、いくらかでも、俯瞰できるようになったに違いない。
自作品の批評もらうばかりが訓練じゃなかったんだわ!
と、今にして思う。
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
書くこと 気づき 自分のための覚書
- 2016/12/26(Mon) -
書くことだけは何があっても手放さない
そう心につぶやきながら
実は 
書くことに支えられて生きている

この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
第17回乙女塾
- 2016/11/19(Sat) -
 11月15日 三宮にて

     今回は ランチ うおまん から スタート
        と書いて今思い出した 乾杯するの忘れた~~~ 
                      (↑お茶で)
        次回、みんな揃って 乾杯しよう
        そのころには 「by」が もっとすてきな形になっていることでしょう。       
   
    ランチ三名

    午後 合評会 4名   中編作品 1
                   朗読練習 1 (←わたし)


    来年 人前で朗読するかも・・・な状況になりつつある わたし
    乙女方は 絵本読み聞かせや キッズブックライブや、保母職で 朗読経験豊か。
    すがりついちゃう
    もう一作品、朗読できるようにしときたいので 次回またご指導よろしくお願いします

    わたしは 話すのが苦手だから書くようになった ってタイプ。
    人前で話すのは・・・・         
この記事のURL | 児童文学(ひとりごと) | ▲ top
コレクション あるいは 記念 または 備忘のため
- 2016/10/28(Fri) -
「あやしの保健室」はどこだ?  みたいな。
書店によって 置かれる場所もいろいろで。
平積み うれしい。

1477657844031.jpg

1477658022871.jpg

1477665107385.jpg


1477657939162.jpg

1477657897233.jpg
          ↑探すの大変

    ↓ 文芸書の棚!!
1477657783101.jpg  
  
 とある図書館 
1477665078885.jpg

 これは タイムストーリー
1477657984720.jpg

特別賞  (Cちゃん撮影)
1477665092694.jpg  
 乙女仲間・白矢三恵さん著 「ゆず先生は忘れない」 と並んでる


  
この記事のURL | 著書 | ▲ top
- 2016/09/23(Fri) -
「あやしの保健室」 発行です

そろそろ 書店にも 並びます

この物語の  どの生徒も それぞれに主人公。 

そして  養護教諭・妖乃は 大ボス(?)主人公。

HIZGIさん描く 妖乃の魅力をごらんあれ → 画像   

                         → HIZGIさんTwitter

      
この記事のURL | 著書 | ▲ top
| メイン | 次ページ