乙女塾第21回 
- 2017/11/21(Tue) -
乙女塾 第21回  三宮にて  
11時~15時
参加 6名   作品 4

今回、わたしは提出作品なし。
でも メンバーの作品を読んだり  合評を聞いて
「おおーっ」 
「ほんまやっ」 
「なるほど♪」 
気づき 発見 目からウロコの  連続。

合間の ランチタイムには おしゃべりも楽しんで

今回も 心地よい刺激と 満ち足りた時間を ごちそうさまでした。

次は 来年だね!
この記事のURL | 乙女 | ▲ top
☆  ラストで君は「まさか!」と言う  ☆ 校了!
- 2017/11/14(Tue) -

  ショートショート60話 (1巻に30話で 2巻)   のうち 6話 担当いたしました。
  来月発売です
  Amazonで ミステリアスな書影を ご覧くださいまし。

 
   ラストで君は「まさか! 」と言う  デジャヴ

   ラストで君は「まさか! 」と言う  望みの果て


   
この記事のURL | 著書 | ▲ top
ちょっと 楽しいぞ
- 2017/11/08(Wed) -
がるるるる ひとり車で 吠えるのは 
月がみつからないから がるぅ

 それとも

吠えるのよ ひとりこっそり 運転中
月がなくても がるるるがるぅ


 なんてことを 考えるの 楽しい
 

ストレスに 57577 効き目あり
下手すぎるけど それはさておき
この記事のURL | 57577 | ▲ top
穂村弘さんの本を読んだら 短歌したくなる(二度目?) 
- 2017/11/07(Tue) -
 穂村弘さんの歌
 
 「 サバンナの象のうんこよ聞いてくれ ……… 」   
      
 
以前はぴんと来なかったのが 最近  ああ!  と 腑に落ちた。
この歌が 頭の中で リフレインされる(ちょっと困る)
わたしも サバンナの象のうんこ に 聞いてほしいらしい。
その包容力 はるかな距離  広い空と大地  

で  ~今すぐ歌人になりたいあなたのために~  と副題のついた 穂村さんの本を読んだ。

    「 短歌という爆弾 」

穂村さん独特の感覚語は 心地よかったけれど 
短歌の「クビレ」 とか 「宙の知恵の輪」 とか  
わかるような わからないような いやなんとなくわかるんだけれど
私ごときでは すぐ歌人になるのは とうてい無理~笑

 
















    と言いつつ  やっぱ作ってみた 笑 
    
   
 ためいきを   57577と   きざんだら  らくになるよって  うそほんとうそ  

 サクッとね  鋭利な言葉で いさぎよく  凍るためいき  いっそこなごな 

 花むしる  イキルイキナイ  ふりこ揺れ   イキナイイキル  イキテライキル?


    
  

 

この記事のURL | 57577 | ▲ top
萩尾望都SF原画展
- 2017/10/12(Thu) -
1507796021059.jpg
 
 創作仲間さゆ希さんのお勧め展示会。
 彼女に 連れて行ってもらった。

 面白かったぁ!
 天才の爪の垢を求めて 行ったのだけれど 
 気づけば 展示されたマンガ原画を夢中になって読んでいて (既読のマンガでも!) 
 
 既読でも なお引き込まれるのよ 
 
 視覚だけだというのに なんと 豊かなものが 流れこんでくるのだろう。
 物語の流れ、勢い、メリハリ、感情のうねり、いろんなものが そこに生まれて。
 絵と文章、
 文体、リズム 
 コマワリ の 成果もある?
 人物の表情? 線の流れ?
 風や炎や光  世界の広がり 宇宙  心の深淵
 なんて多くを 表現できるのだろう。
 受け取る こちらの感覚もぐぅっ と 広がる。
 自由になる。
 ああ 気持ちいい~。


 で 壁の原画に夢中で 部屋の中央にあった お目当てのプロットに気づかず通り過ぎた💦
 会場を出てから気づいて 戻ったよ。
 当日券で再入場可能♪  
 
 プロットも よかった~。
 なるほどなぁ。
 



 
この記事のURL | 散歩♪ | ▲ top
乙女塾第20回 & 祝「わすれんぼっち」
- 2017/09/13(Wed) -
9月12日 開催 乙女塾  記念すべき20回め !

午前11時~午後1時  三宮にて
参加者  6名    作品  6作品
なんと 全員作品提出
さらに 長編含むこの6作を 真剣勝負で 講評内容も濃いまま  時間内に合評終了
すごいわ うちら(自画自賛させてね~)

      

その後 場所を変え 


  橋口さゆ希さん 『わすれんぼっち』 出版デビュー  祝賀会
 
 
   
 1505263327197.jpg
 さゆ希さんのサイン  かっこいい~
  参加者7名
  うれしくて 楽しくて 幸せなひとときでした


  
この記事のURL | 乙女 | ▲ top
「わすれんぼっち」 橋口さゆ希著
- 2017/08/23(Wed) -
9784569786889.jpg

   画像 : 楽天ブックス 

この本を読み終えた子供は 自分の傘に名前をつけたくなるんじゃないかな。
 
  私は  お気に入りの傘が欲しくなった。   その傘に降る雨音を聞きたい。

 読む前と 読んだ後の そういう変化・・・  心が優しくなる?   心があたたかくなる?  

 わたしは  「読書がくれる幸福感」 と 呼ぶ。

 この幸福感は きっと子供の心を作る栄養素のひとつ。

 この先ずっと 支えてくれたり励ましてくれたりも する。

 1503541832872.jpg




 



 

 

 

    
この記事のURL | 読書ノート | ▲ top
| メイン | 次ページ